美空ひばりの新曲を著名人がただじっと聴いている映像、公開までのカウントダウン

ツイート

美空ひばり(AI歌唱)のシングル「あれから」が、本日12月18日(水)にリリースされた。

◆「あれから」 ジャケット写真

「あれから」は9月に放送されたNHKスペシャル『AIでよみがえる 美空ひばり』内の企画にて誕生した楽曲で、「川の流れのように」を手掛けた秋元康が作詞とプロデュースを担当。美空ひばりの歌声は、過去に録音された音声データと、ヤマハが開発を進めている人工知能技術(AI)によって再現している。

日本コロムビアの美空ひばりオフィシャルページでは、本日よりカウントダウンがスタートしている。このカウントダウンが終了する12月24日(火)早朝4:00には、「あれから」のティザー映像が公開される。同映像は著名人たちが「あれから」を静かに聴いている様子を映したもので、彼らのリアルな表情や感情、リアクションをシンプルな映像で描くことにより、楽曲の持つ多面的で豊かな感情と可能性を表現している。

出演する著名人には、美空ひばりにゆかりのある大物芸能人や、美空ひばりをリスペクトする歌手、「あれから」を“これから”の日本人に届ける若手俳優等、様々なジャンル・世代の人物が予定されている。出演者はカウントダウン終了時に明かされるとのことだ。

また、東京・森美術館では特別企画「AI×美空ひばり「あれから」の開催が決定。「AI美空ひばり」のスペシャルバージョンが4K高画質で上映される。

■「あれから」


▲「あれから」

2019年12月18日(水)リリース
COCA-17777/¥1,350 (税込)
M1.「あれから -シングル・バージョン-」
M2.「あれから -NHKスペシャル・バージョン-」
M3.「あれから -シングル・バージョン-(オリジナル・カラオケ)」

■特別企画「AI×美空ひばり「あれから」

期間:2019年12月20日(金)~2020年2月2日(日)10:00~21:00
会場:東京・森美術館「未来と芸術展」特別シアター
※詳細は森美術館オフィシャルサイトまで。

この記事をツイート

この記事の関連情報