嵐と米津玄師が“NHK2020ソング”でコラボ、『NHK紅白』で初披露へ

ツイート

嵐と米津玄師が、コラボレーション楽曲「カイト」で“NHK2020ソング”を担当することが発表されている。嵐は12月31日の『第70回NHK紅白歌合戦』で同曲を初披露するという。

米津玄師が作詞・作曲、嵐が歌唱を担当する「カイト」は、アスリートやこれからの時代を担っていく若い世代を応援する楽曲として、2020年にNHKのさまざまな番組やサービスで使用されるそうだ。

   ◆   ◆   ◆

■相葉雅紀(嵐) コメント

この度、僕たち嵐がNHK2020ソングを歌わせていただく事になりました。また今回米津さんとコラボレーションさせていただいたこと、大変光栄に思っています。
米津さんが作ってくださったこの曲は、頑張っている人が救われるような優しさにあふれていて、歌っていてとても感動しました。この曲でオリンピック・パラリンピックをはじめ、2020年の日本全体を盛り上げられるよう心を込めて歌わせていただきます。

   ◆   ◆   ◆

■米津玄師 コメント

僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、その一幕に関われることをとても光栄に感じています。
カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。
どうか広く行き届きますように。

   ◆   ◆   ◆

なお、『第70回NHK紅白歌合戦』のゲスト審査員には、ボクシングの井上尚弥選手、上沼恵美子、サンドウィッチマン、女子プロゴルファーの渋野日向子選手、競泳の瀬戸大也選手、田中圭、戸田恵梨香、パラ陸上の中西麻耶選手、長谷川博己、広瀬すず、2019年のノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が決定。番組内では人気キャラクター“おしりたんてい”とその仲間たちが、アニメ『おしりたんてい』のオープニングテーマ「ププッとフムッとかいけつダンス」のスペシャルパフォーマンスを披露することも明らかになった。

『第70回NHK紅白歌合戦』

総合テレビ・BS4K・BS8K・ラジオ第1
2019年12月31日(火)19:15~23:45
※5分間の中断ニュースあり

この記事をツイート

この記事の関連情報