松任谷由実、紅白で「ノーサイド」テレビ初歌唱「全てのラガーマンに届くよう」

ツイート

松任谷由実が、12月31日に放送される『第70回NHK紅白歌合戦』に出場することが明らかになった。今回のステージでは名曲「ノーサイド」がテレビ初披露されるという。

◆「ノーサイド(Audio/Lyric)」動画

「ノーサイド」は、ユーミンが1984年に発表した16枚目のオリジナルアルバム『NO SIDE』のタイトル曲。ラグビーをモチーフに選手を見守る女性の思いを描いた歌詞は、社会で戦う人々の姿とも重なり、リリースから35年を経た現在も幅広い世代に親しまれている。



なお、番組にはスペシャルゲストとして、今秋のラグビーワールドカップ日本大会でベスト8入りを果たした日本代表の選手たちが出演することも決定した。自身もラグビーファンとして知られ、10月の日本対スコットランド戦もスタンドで観戦していたというユーミンは、次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

■松任谷由実 コメント

先ずは、日本中に興奮と感動を与えてくれたラグビーワールドカップ日本代表の方々に、ひとりのファンとして、感謝の気持ちをお伝えしたいです。私自身、35年前に作った「ノーサイド」という楽曲を、紅白という舞台で歌うことは想像もしていませんでしたが、お声がけをいただき、出演させていただくことになりました。当日は、ラグビーワールドカップ日本代表の選手の皆さん、そして、これまで日本のラグビーを築いてきた全てのラガーマンに届くよう、勇姿を胸に歌いたいと思っています。

   ◆   ◆   ◆

『第70回NHK紅白歌合戦』

総合テレビ・BS4K・BS8K・ラジオ第1
2019年12月31日(火)19:15~23:45
※5分間の中断ニュースあり

この記事をツイート

この記事の関連情報