スパンダー・バレエのメンバー、ジョージ・マイケルからのクリスマス・プレゼントを懐かしむ

ツイート
Photo by Russel Young

スパンダー・バレエのベーシスト、マーティン・ケンプと彼の妻で、ワム!のバッキング・ヴォーカリストだったシャーリーが、ジョージ・マイケルとのクリスマスの思い出を回想した。

◆ジョージ・マイケル画像

ケンプは、BBCラジオのインタビューでこう懐かしんだ。「(ジョージとの)クリスマスの思い出はいっぱいある。1番ナイスだったのは、約20年間欠かすことなく毎年、クリスマス・イブになるとハロッズの配達員が2つの大きなハンパー(食品、ワインなどが詰まったバスケット)を抱えて、僕らの家のドアをノックしてたんだ。ジョージはいつも、それを家族や友人みんなに贈ってた」

「彼は、わざわざボーンマスにある僕の両親の家に来てくれたこともある。クリスマス・ディナーに訪れ、クリスマス・ハットかぶってクラッカーを引っ張ってた」

また、妻のシャーリーは、翌日にジョージに会うことになっていたのが、クリスマスの日、訃報が届き、トラウマのようになっていると話した。彼女が1番懐かしく思うのは、ジョージの「ビューティフルな笑顔とハグ」だという。

ジョージ・マイケルは2016年のクリスマスの日、53歳で死去。亡くなった後、生前、匿名で様々な慈善活動を行なっていたことが明らかになった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報