エビ中、幕張メッセにてフルバンドで<大学芸会>「本当にありがとうの気持ちでいっぱい」

ツイート


私立恵比寿中学が毎年年末恒例行事として行っている<大学芸会>=大型ワンマンコンサートを、昨年2018年に引き続き幕張メッセ・イベントホールにて開催。今年2019年は二日間の開催で、10,000人超のファミリー(エビ中ファンの総称)が会場に駆け付けた。

今年グループ結成10周年という節目を迎え、3月に5th full Album『MUSiC』を発売、同作を引っ提げての全国10か所を廻る単独ライブハウスツアー、4月からは自身が主演を務めるTVドラマ『神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~』オンエアとその主題歌となるシングル「トレンディガール」の発表、6月には横浜・赤レンガ倉庫にて初の主催フェスを開催、夏の恒例野外ワンマンコンサート<ファミえん>を経て、9月からは全16所に及ぶ単独ホールワンマンツアー、そして極めつけは1年に2枚目となるフルアルバム『playlist』をリリースと、まさに疾風怒濤といえる精力的な活動を行ってきたエビ中。そんな活動のハイライトとなるべき今年の<大学芸会>は、<私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2019 エビ中のフルバッテリー・サラウンド>と題し、フルバンド編集で行われた。

お馴染みのebiture(SE)から、「エビ中×バンドの大学芸会へようこそー!」(真山りか)の煽りに合わせて、白い垂幕に楽器をもったメンバーのシルエットが浮かび上がり、五五七二三二〇名義となる「半世紀優等生」の演奏がスタート。「フルバンドセット」というコンセプトの裏をかくエビ中らしいオープニングとなった。



演奏の終わりとともに垂幕が切って落とされ、「Family Complex」が始まるもバックバンドの姿はなく、赤いドレープが印象的なステージ上で、いつも通りメンバーのみのパフォーマンスが繰り広げられていく。

打ち込みと生バンド演奏の二部構成となっているこの楽曲構成そのままに、途中ステージ上のバックパネルが開かれると、遂にフルバンドの面々が姿を現した。続く「イート・ザ・大目玉」「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」で、生バンドのグルーヴも相俟って一気に会場はヒートアップした。





最初のMCでは、メンバーに続いて総勢13名のバンドメンバーが紹介された。そして、「私たちから送る今年最大のエール」(中山莉子)の掛け声で、再び演奏が再開。この日ならではのバンドアレンジに、生き生きとしたメンバーの歌声が会場に響き渡る。





中盤、衣装チェンジを経てのアコースティック・セットでは、流麗な演奏にのせて「フユコイ」「まっすぐ」「星の数え方」「曇天」を美しも力強く歌い上げた。アルバム『playlist』からは、「愛のレンタル」「HISTORY」「オメカシフィーバー」の3曲を初披露。中でも、メンバーが初めて歌詞を手掛けた「HISTORY」では、各メンバー加入当初の自己紹介映像に続いて、現在休養中の安本彩花が映像で歌唱参加し、6分割の映像で久しぶりに6人一緒の姿をファミリーに届けた。





その後トロッコでアリーナを周回し、「涙は似合わない」「MISSION SURVIVOR」を披露すると、「PANDORA」「HOT UP!!!」のハードなロックチューンで会場を盛り上げていく。



メイクアップの小コントから「オメカシフィーバー」、そして「元気しかない~サドンデス」のメドレーをはさみ、最後は「10年間引き継いで、動かし続けてきた私たちエビ中の心臓の音を聞いてください」(柏木ひなた)のMCから、「ジャンプ」を熱唱し本編を締めくくった。

アンコールの声援に応えて、「COLOR」「永遠に中学生」でさらに会場を一体感に包むと、最後は10年間の感謝を込めて「なないろ」で幕を閉じた。

最後の挨拶では、「毎年こういうところでライブができることって本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。今日は彩ちゃん(安本彩花)はお休みだったけど、でも緑(安本彩花のイメージカラー)のペンライトも、青(故・松野莉奈のイメージカラー)のペンライトも見えるこのファミリーって本当に素敵だなって思います。いつも支えてくれてありがとうございます!」と改めて感謝を述べた。続けて、「10周年イヤーということで、たくさんのライブやイベント、アルバムのリリースなどありましたが、来年(エビ中が)何をやるんだろうって思ってません?」の前フリから、4年ぶりとなる舞台の開催が2020年3月に決定したことを発表した。



なお、エビ中は12月31日(火)に自身初となるカウントダウン・ワンマンライブ<私立恵比寿中学 カウントダウン学芸会「ねずみ年の幕開けはエビチュー」>を、パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催する。

Photo by 中島たくみ、石井健、内野秀之

■【バンドメンバー】

音楽監督:橋本しん(Sin)
Bass / BandMaster:島本道太郎
Drums:原 治武
Guitar:佐々木 望
Guitar:三沢崇篤
Keyboard:金沢法皇
Sax:かわ島崇文
Trumpet:ルイス・バジェ
Trumpet:丸木英治
Trombone:鈴木大納言
1st Violin:島田光理
2nd Violin:加藤かな子
Viola:筒田咲紀
Cello:岡本梨紗子

■【セットリスト】

<私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2019 エビ中のフルバッテリー・サラウンド>
2019年12月20日(金)~21日(土)@幕張メッセ・イベントホール
SE ebiture
01. 半世紀優等生/五五七二三二〇
02. Family Complex
03. イート・ザ・大目玉
04. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
mc
05. YELL
06. 結果オーライ(12/20)/踊るガリ勉中学生(12/21) 
07. 梅
08. 青い青い星の名前
09. 愛のレンタル ※初披露
mc
10. シンガロン・シンガソン
11. ちがうの 
12. フォーエバー中坊(12/20)/キャンディロッガー(12/21)
13. 紅の詩
14. 自由へ道連れ
転換VTR1
15. フユコイ
16. まっすぐ
17. 星の数え方
18. 曇天
転換VTR2
19. HISTORY ※初披露
20. フレ!フレ!サイリウム(12/20)/涙は似合わない(12/21)
21. MISSION SURVIVOR
22. PANDORA
23. HOT UP!!!
mc
24. オメカシフィーバー ※初披露
25. 元気しかない~サドンデス(medley)
26. ジャンプ

En1. 歌え!踊れ!エビーダダ(12/20)/COLOR(12/21)
En2. ポップコーントーン(12/20)/永遠に中学生(12/21)
En3. 感情電車(12/20)/なないろ(12/21)

■私立恵比寿中学主演舞台

2020年3月21日(土)~3月22日(日)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール
2020年3月25日(水)~3月29日(日)東京・博品館劇場
作・演出 高羽彩

■「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2019 エビ中のフルバッテリー・サラウンド」

2020年2月22日(土)22:00~23:30 フジテレビNEXT/NEXTsmart
https://otn.fujitv.co.jp/daigakugeikai2019/
※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

■6th full Album『playlist

2019年12月18日発売
【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
SECL-2520~2521 ¥9,000(税込)
DISC2 Blu-ray:「クリスマス大学芸会2018 DAY3 ~スペシャルロイヤルケーキ~」LIVE映像
【初回生産限定盤B】(CD+Blu-ray)
SECL- 2522~2523 ¥4,800(税込)
DISC2 Blu-ray:「MUSiCフェス ~私立恵比寿中学開校10周年記念 in 赤レンガ倉庫~」エビ中LIVE映像
【通常盤(初回仕様)】(CD)
SECL-2524 ¥3,000(税込)

CD収録曲
01. ちがうの  <作詞・作曲:ビッケブランカ  編曲:横山裕章、ビッケブランカ>
02. SHAKE! SHAKE!  <作詞・作曲:雫 編曲:ポルカドットスティングレイ>
03. 愛のレンタル  <作詞・作曲 : はっとり 編曲:マカロニえんぴつ>
04. ジャンプ  <作詞・作曲:石崎ひゅーい 編曲:トオミヨウ>
05. I’ll be here  <作詞・作曲 :iri 編曲:ESME MORI>
06. PANDORA  <作詞:New Nix 作曲・編曲:PABLO>
07. シングルTONEでお願い  <作詞・作曲・編曲:ポセイドン・石川>
08. オメカシ・フィーバー  <作詞 :児玉雨子 作曲:加藤肇 編曲:大西省吾>
09. HISTORY  <作詞 :私立恵比寿中学 作曲:徐賢眞 編曲:谷村庸平>
10. トレンディガール  <作詞・作曲・編曲:川谷絵音>  ※2019年4月クールドラマ『神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~』主題歌

■「playlist」配信リンク
https://ShiritsuEbisuChugaku.lnk.to/playlist_AL

◆私立恵比寿中学 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報