安野希世乃、ツアーFILALで新曲「晴れ模様」を世界最速披露

ツイート

声優・アーティストの安野希世乃が、 2nd LIVEツアー2019「○。」 最終公演を千葉・舞浜アンフィシアターで開催した。

神奈川、大阪と巡ってきての千秋楽。急遽追加発売された当日券も即ソールドアウトで会場は満席に。大きな拍手の中、バンドの演奏が始まり、白と水色のドレスの安野がステージ上部に登場。まずはしっとりと優しいナンバー「I remember」を歌い上げる。「みなさん、こんばんは。安野希世乃です」と挨拶すると、アンフィシアター特有の円形のステージに降りてきて、観客の一人一人に挨拶するようにステージをぐるりと移動しながら、軽快なナンバー「さよならソレイユ」を続けて披露した。

「I remember」と「さよならソレイユ」は、ともに1stミニアルバム『涙。』の収録曲。今まで3枚のミニアルバムをリリースしてきた安野。今回のセットリストはミニアルバムごとの3部構成で、1st『涙。』、2nd『笑顔。』、3rd『おかえり。』の順に全収録曲を歌うという内容。タイトル通り「まるまる」なライブなのだ。「舞浜アンフィシアター、ただいま!」と安野が声をかけると、「おかえりー!」と大声で返事をする観客。3rdミニアルバム『おかえり。』に掛けて、今回のツアーのお約束となっているやり取りだが、舞浜アンフィシアターでそれをやるのは特別な意味があった。

2018年12月22日に開催された1stライブツアーの千秋楽も、ここ舞浜。それからちょうど1年後、大勢のファンと一緒に帰ってくることができた。「どこよりもみなさんのお顔が近くに見える会場で、再び千秋楽を迎えることができて嬉しいです」と、安野は癒やしパワー全開の笑顔を見せた。

ライブはそこからアコースティックセットに。穏やかな雰囲気に満ちた「ちいさなひとつぶ」をスツールに腰掛けて歌う。続いては、ライブではハンカチ曲となっているアップテンポの「悲劇なんて大キライ」を敢えてアコースティックで。ギターがかき鳴らされる中、スツールから立ち上がった安野が、ハンカチを振りながら熱唱した。

観客のラララコーラスが響いた「涙。」、ステージ上の階段に座って歌った「ねぇ、話をしよう」の2曲で、『涙。』パートは終了。安野は一旦ステージを退き、転換の間に本人の朗読によるこのツアーの為に書きおろされたポエムが場内に流された。


続いて2ndミニアルバム『笑顔。』のパート。オレンジ色をパートカラーにした衣装に着替えてステージに戻ってきた安野は、EPOの作詞作曲によるポップナンバー「ふわふわとしてる」、緩いグルーヴが心地よい「笑顔。」を続けて披露。MCを挿んで、切ない曲調の2曲「かすかなかなしみ」と「嘆きの空」を情感をこめて歌い上げた。

ここでバンドのメンバーを紹介。今回のツアーでは新たに女性コーラスが加わり、6人編成に。バンド名は『おかえり。』の収録曲から取って「エイリアンボーイズ」だ。ここからの3曲はライブ中盤のクライマックス。「ぼくのヴィーナス」ではサインボールを客席に投げ、「Wonder Shot」では記念撮影するなど、間奏にさまざまな趣向が盛り込まれ、アップテンポな曲調とともにノリを高めていく。そして、シングル曲の「ロケットビート」で、『笑顔。』パートはフィニッシュした。


次はいよいよ最新作『おかえり。』のパート。爽やかな「ミナミカゼ それはきっと」、キュートな「kiss!kiss! kiss!」を続けて歌うと、「みんな、ただいまー!」「おかえりー!」のやり取りをもう一度繰り返した。

ここから4曲を続けて披露。ノスタルジックな雰囲気の「夏色花火」はふんわりと優しい歌声で、スパニッシュギターのイントロから始まる「Destino~恋は一秒の永遠~」はフラメンコ風の振り付けとともに情熱的に。さらに、ジャジーな「エイリアンボーイ」、バラードの「おかえり。」とタイプの違う楽曲を、さまざまな歌声を響かせた。

ライブ本編のラストは、黄色い旗を使っての振り付けがある「生きる」。マーチのリズムに乗った軽快な曲で、安野の振りに合わせて観客みんなが旗を振った。

アンコールは、劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』の劇中歌「ULTIMATE♭」からスタート。安野が演じるヒロイン・加藤恵の楽曲であり、イントロが流れた瞬間、場内からは大きな歓声が上がった。

さらに、千秋楽だけの披露となったのがアンコールの2曲目。2020年春新番組のTVアニメ『アルテ』のエンディングテーマとなる新曲「晴れ模様」だ。『アルテ』では、ダーチェ役を務めることも発表し、「イタリアで画家を目指す女の子のお話です。本当に本当にステキな新曲ができました。心をこめてお届けしたいと思います」とマイクを握り直した。「晴れ模様」は、タイトル通り暖かな陽の光を感じさせる、安野らしいナンバーだった。

3時間にわたったライブは、シングル「ロケットビート」のカップリング曲「逢いたくて」でフィニッシュ。これからリリースされる新曲も含め、持ち曲の全てを披露した一夜となった。

「ぜひまた『安野家。』のホームであるライブに遊びに来てください。みんな、行ってらっしゃーい!」と、最後の挨拶で観客を送り出した安野。「行ってきまーす!」という観客の返答とともに、楽しい集まりはお開きとなった。

text:鈴木隆詩
この記事をツイート

この記事の関連情報