エド・シーラン、20キロ以上減量

ツイート


エド・シーランは、タバコを止めたのをきっかけに生活習慣を改善し、20キロ以上減量したそうだ。

◆エド・シーラン画像

シーランは2014~2015年に開催した<x>ツアー中や続く2017年に<÷>ツアーを始めたころ、約95~101キロあったそうだ。それが、いまは76キロ程度まで落ちたという。

シーランはかつて、好きなものを好きなだけ食べ、運動をしていなかったと『Behind The Medal』ポッドキャストで話した。ピザにフライドポテトをのせ、それをサンドイッチのようにして食べたり、パブに行けばソーセージ&マッシュにパイ、プディング、それに何杯ものビールを飲み、公演後にはパーティーがあったり、ツアー・バスの中でチキンウィングスとワインを手にダラダラしていたそうだ。

しかし、タバコを止め、「肺の中に詰まったクズを一掃せねば」と思い立ち、ランニングを開始。ツアー中であろうとも毎朝45分のランニング、その後水泳もしくは腹筋運動をするようになったという。

シーランは数年前、意地悪なコメントに嫌気がさし、SNSから距離を置いたが、その中に「太ってる」という批判が多くあったそうだ。

生活を改めるいいきっかけになったかもしれないが、シーランは、他人を批判する人たちについて、こう苦言を呈した。「僕はワン・ダイレクションのメンバーやジャスティン・ビーバーと同世代で、彼らはみんな、シックスパックだ。“僕もああならなきゃいけないのか?”って思うようになった」「僕は自信を喪失するなんてことなかったのに、誰かが指摘した途端、脳がそう考え始める。(ネガティブなコメントは)自信のない人たちから生じるんだ。自信がない人たちは、他人のあらを探していい気分になる。僕が太ってるって言ってた人の半分は多分、太ってるよ」

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報