ニルヴァーナのメンバー、ベックと共演

ツイート

デイヴ・グロールが週末(1月4日)、米ロサンゼルスで開かれたチャリティ・イベントでニルヴァーナの元バンド・メイトであるクリス・ノヴォセリック、パット・スメア、それにベックをギタリストに迎え、ニルヴァーナの曲をプレイした。

◆イベントの様子

パフォーマンスにはセイント・ヴィンセントとグロールの長女ヴァイオレットちゃん(13歳)も参加し、Setlist.fmによると以下の5曲がパフォーマンスされたという。

1. 「Lithium」 with セイント・ヴィンセント(G,Vo)&ベック(G)
2. 「In Bloom」 with ベック(G,Vo)&セイント・ヴィンセント(G,Vo)
3. 「Been A Son」 with ベック(G,Vo)&セイント・ヴィンセント(G)
4. 「Heart-Shaped Box」 with ヴァイオレット・グロール(Vo)、セイント・ヴィンセント&ベック(G)
5. 「The Man Who Sold The World」(デヴィッド・ボウイのカバー) with ベック(G,Vo)&セイント・ヴィンセント(G)







セイント・ヴィンセントは、ニルヴァーナが2014年春にロックの殿堂入りした際にも式典および特別公演で彼らとパフォーマンスしていた。

この日のチャリティ・イベント<HEAVEN>は慈善活動に勤しむアーティストたちを支援するArt Of Elysiumが開催し、ニルヴァーナほかチープ・トリック、マリリン・マンソン、L7が出演した。マンソンのパフォーマンスには友人で、新作でコラボしているらしいシンガー・ソングライターのシューター・ジェニングスが参加したそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報