レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、コーチェラ・フェスティバルに出演

ツイート


今年活動を再開するレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが、4月に米カリフォルニアで開かれるコーチェラ・フェスティバルに出演することが正式に発表された。

◆コーチェラ・フェスティバル 関連画像

2週末にわたり開かれるフェスティバルで、初日(4月10日+17日)にパフォーマンスする。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは11月、活動再開を暗示。新たに開設したと言われるインスタグラム・アカウント(rageagainstthemachine)に、「エルパソ テキサス州 2020年3月26日、ラスクルーセス ニューメキシコ州 3月28日、フェニックス アリゾナ州 3月30日、インディオ カリフォルニア州 4月10日、インディオ カリフォルニア州 4月17日」とライブの日程らしきものが投稿され、ザック・デ・ラ・ロッチャ(Vo)を除くレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのメンバー3人がパブリック・エナミーのチャックDとDJロード、サイプレス・ヒルのB-リアルと2016年に結成したプロフェッツ・オブ・レイジが活動を終えることを発表した。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのライブ・パフォーマンスは2011年7月に開催された<L.A. Rising>以来、約9年ぶりとなる。



コーチェラでは、2日目(4月11+18日)はトラヴィス・スコット、3日目(12+19日)はフランク・オーシャンがヘッドラインを飾る。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報