ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリンのボストンでの公演禁止を最近知る?

ツイート

ジミー・ペイジは70年代、レッド・ツェッペリンが米ボストンで公演を開催するのを禁じられていたことを最近まで知らなかったようだ。

◆ジミー・ペイジの投稿

ペイジは1月6日、“○○年のこの日……”を回想するSNSの投稿で、1975年の1月6日、翌月ボストンで予定していたレッド・ツェッペリンの公演が中止された出来事を取り上げ、「リサーチしていて、1975年1月6日にマサチューセッツ州ボストンにあるボストン・ガーデンのボックスオフィスでチケットをめぐり騒動が起きていたことを知った」と綴った。

「警察が出動し、ケヴィン・H・ホワイト知事(激怒していた)により予定されていたレッド・ツェッペリンの公演が中止されることになった。その上、このバンドはこの会場で5年間プレイするのを禁じられたらしい。僕は幸いにも、これらの不正行為に気づいていなかった。でも、あの市長は、みんなの話からすると、ザ・ローリング・ストーンズのファンだったらしい! ボストンではその後、1995年フリート・センターでペイジ&プラントとしてプレイした」



1975年のボストン公演は2月4日に開催されるはずで、1月7日の朝売り出されるチケットを求め、前日から多くのファンが会場に集まり、酔っぱらう人も現れ、暴徒化したという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報