マイケル・シェンカー・フェスト、ロビン・マッコーリーが敗血症と診断され公演に不参加

ツイート

マイケル・シェンカー・フェストのヴォーカリストの1人、ロビン・マッコーリーが敗血症と診断されたという。

◆マイケル・シェンカー・フェスト画像

バンドが出演するクルーズ・フェスティバル<70000 Tons Of Metal>(1月7~11日カリブ海上で開催)の主催者は、8日、「医療的緊急事態のため、ロビン・マッコーリーはパフォーマンスしない」との声明を出した。

「ロビンは、我々に合流するため空港へ向かう途中、具合が悪くなり、病院へ急送され、敗血症と診断された」という。医師から万全な体調に戻るには病院に留まらなくてはならないと忠告されたため、フェスティバルには参加できないと伝え、彼の回復を祈り、オーディエンスへ謝罪した。

マイケル・シェンカー・フェストは、ゲイリー・バーデンとドゥギー・ホワイトをヴォーカリストに、予定通り2回パフォーマンスするという。

本人およびマイケル・シェンカーからまだコメントは出ていないが、シェンカーは<70000 Tons Of Metal>からの声明をFacebookに投稿している。



敗血症は感染症により臓器障害が生じ、症状が重くなるほど致死率が高くなるため、早期の治療が重要となる。

マイケル・シェンカー・フェストは、このクルーズ・フェスティバルの後、3月に日本ツアー、4月にUKツアーの開催を予定している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報