<クイーン・シンフォニック>会場で、プレ・トークイベント&ミニ・クイーン展実施

ツイート


2月1日(土)より再来日公演を果たす<クイーン・シンフォニック>の東京公演会場にて開演前に、プレ・トークイベントが開催される。

◆<クイーン・シンフォニック>スポット映像

<クイーン・シンフォニック>はクイーンのミュージカル「WE WILL ROCK YOU」に出演したシンガーとバンド、フル・オーケストラが共演するコンサートだ。2000年にロンドン、ウェストエンドで初演されて以来、欧州各国、北米、豪州でツアーを行っている人気プログラムである。ミュージカル「WE WILL ROCK YOU」でメインキャストを演じたシンガーに、英ウェスト・エンドで活躍するシンガーなど、男女4人の実力派の歌い手と熟練メンバーの5人編成バンドが来日する。オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団が担い、クイーンの名曲の数々を圧倒的な迫力で演奏する。2019年5月に初来日を果たした際には、一部の楽曲ではスクリーンに歌詞が映し出され、観客全員がシンガロングするなど感動的なコンサートを行った。







開演前のプレトーク・イベントについては、2月1日(土)にはロンドンのフレディ・マーキュリー宅の日本庭園の造園を担当した高原竜太朗が出演する。フレディの話題はもちろん、映画「ボヘミアン・ラプソディ」に登場したメアリー・オースティンやジム・ハットンら関係者の貴重な話が聞けるとのこと。翌2月2日(日)には、昨年ファンの間で話題になった書籍「クイーンは何を歌っているのか?」の著者である朝日順子が登壇。歌詞からクイーンを読み解くユニークな切り口で、当日<クイーン・シンフォニック>が演奏する楽曲を中心に展開するようだ。また両日とも、司会と聞き手は「クイーン全曲ガイド」の著者である石角隆行が担当し、ふたりからじっくりとクイーン・トークを引き出すという。

また、各公演会場のロビーには、WEBサイト「ミュージック・ライフ」がプロデュースする<ミュージック・ライフがみたミニ・クイーン展>も開かれる。クイーンが表紙を飾ったミュージック・ライフ誌の大型パネルや、1975年来日時のメンバー4人と、1984年来日時のロジャー・テイラーとジョン・ディーコンの等身大パネルを展示。他にも直筆サインなど、日本でのクイーン人気を支えたミュージック・ライフならではのお宝がディスプレイされるようだ。


■<QUEEN SYMPHONIC -A ROCK & ORCHESTRA EXPERIENCE- 2020>(クイーン・シンフォニック -ロック&オーケストラ エクスペリエンス- 2020)

【東京公演】(2日公演)
日時:
2月1日(土)開場17:00/開演18:00
2月2日(日)開場12:00/開演13:00
会場:東京国際フォーラム ホールA

【名古屋公演】
日時:2月4日(火)開場18:00/開演19:00
会場:名古屋国際会議場センチュリーホール

【大阪公演】
日時:2月5日(水)開場18:00/開演19:00
会場:フェスティバルホール

<出演>
指揮:リチャード・シドウェル
シンガー:ジェナ・リー・ジェームス、エリン・コーネル、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団+バンド
*QUEENメンバーの出演は、ございません。

<プレ・トークイベント>
2月1日(土) 開場17:00/トークタイム 17:25~17:50(予定)
トークゲスト:高原竜太朗(ガーデナー/フレディ・マーキュリー宅・日本庭園造園担当)

2月2日(日)開場12:00/トークタイム 12:25~12:50(予定)
トークゲスト:朝日順子(翻訳家・音楽ライター/クイーンは何を歌っているのか?・著者)

司会進行(両日とも):石角隆行(クイーン研究家)
※プレ・トークイベントはクイーン・シンフォニック開演前に場内で行われます。
※内容は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

<ミュージック・ライフが見たミニ・クイーン展>
東京、名古屋、大坂各会場内ロビーにて開催。

チケット価格(全席指定/税込);
クイーン シート(S席):11,000円/ボヘミアン シート(A席):9,000円/学生シート:4,000円
※3歳未満の入場は不可。
※学生シートは、高校生以下の方が対象。客席後方部のお座席になります。当日ご本人様が確認できる『学生証』をお持ち下さい。

■公演スポット映像
https://youtu.be/2PrPeBA6ZzQ

<QUEEN SYMPHONIC日本公演オフィシャルサイト>
http://www.promax.co.jp/queensymphonic/

この記事をツイート

この記事の関連情報