相鉄線都心直通を記念するCMムービーの世界を紡ぐ楽曲がデジタルリリース

ツイート

相鉄線都心直通を記念するCMムービー「100 YEARS TRAIN」(出演:二階堂ふみ×染谷将太)の世界を紡ぐ楽曲、「ばらの花 × ネイティブダンサー」が12月25日に配信限定でリリースされた。

「100 YEARS TRAIN」は公開直後にYouTube公式チャンネルと相鉄公式SNSアカウントにてムービー総再生回数が300万回再生を超え、ムービー内の楽曲に対しても音源化を希望する声が多数あがったため、今回の緊急リリースとなった。今作はHIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」からのデジタルリリースとなる。

くるりとサカナクションの名曲をかけあわせてオリジナルアレンジされた公式マッシュアップ作品となっている今作には、ボーカルとしてyui(FLOWER FLOWER)とミゾベリョウ (odol)が参加。楽曲の選曲とマッシュアップ企画・音楽プロデュースは、音楽制作会社PIANOの冨永恵介(ユーリ!!! on ICE、POCARI SWEAT CM、Playstation lineup music videoなどの音楽を担当)が務めた。アレンジ構想を元に、ギター演奏やハーモニー、上モノの編曲作業は数々のカヴァー作品で人気youtuberアーティスト・コバソロが担当、リズム、グルーヴの骨子となるドラムは山木秀夫、ベースは山口寛雄といった邦楽界を代表するベテランミュージシャンが演奏を担当した。

また、柳沢翔監督(vivision所属、乃木坂46MV、Gravity Cat/重力猫CMなどを担当)が演出を手掛けた「100 YEARS TRAIN」は、乗客とその想いを乗せて100年という時間と空間を超えて出会う切なくも人間の成長を描いた広告企画映像。音源で、映像で、今作の世界観を楽しもう。

本楽曲について、妻夫木聡のコメントも到着している。
【妻夫木聡コメント】
音楽の新しい時代を切り開いてきた、くるりとサカナクション。お互いの名曲がまるで恋をして、生まれ変わったようだった。その運命的な出会いにまた新しい時代を感じました。

また本作品に映像、音楽で関わった音楽プロデューサー・冨永恵介、映像監督・柳沢翔がそれぞれの制作経緯を綴ったプロダクションノートも到着。是非作品のバックストーリーも含めて今作を楽しんでもらいたい。

リリース情報

アーティスト名: yui (FLOWER FLOWER) × ミゾベリョウ (odol)
タイトル: 相鉄都心直通記念ムービー「100 YEARS TRAIN」テーマソング
Release: 2019.12.25
Format: Digital
Label: PIANO
Track:
1. ばらの花 × ネイティブダンサー
2. ばらの花 × ネイティブダンサー(Movie Edit)
3. ばらの花 × ネイティブダンサー(Instrumental)
配信リンク:
https://FRIENDSHIP.lnk.to/100YEARSTRAIN

【マッシュアップ楽曲に関して】
楽曲:「ばらの花」(くるり)「ネイティブダンサー」(サカナクション)
ボーカル:yui(FLOWER FLOWER)&ミゾベリョウ(odol)
音楽プロデュース:冨永恵介 (PIANO)
編曲:コバソロ
ベース:山口寛雄
ドラム:山木秀夫
ミックスエンジニア:米津裕二郎
音楽プロダクションマネージャー:稲葉真由
【「100 YEARS TRAIN」(出演:二階堂ふみ×染谷将太)ムービー】
https://www.youtube.com/watch?v=tUe6YedzjlM&feature=youtu.be
この記事をツイート

この記事の関連情報