The Nines、ベスト盤発売記念のスティーヴ・エッガーズ最新インタビュー到着

ツイート

“Paul McCartney&WingsのアルバムにELOとCheap TrickとXTCをミックスしたような…”と評される、カナダの天才POP職人スティーヴ・エッガーズ率いるThe Nines(ザ・ナインズ)の日本初お披露目となる『ザ・ベスト・オブ・ザ・ナインズ』が12月25日発売された。

The Ninesの4作目にして最高傑作『Gran Jukle’s Field』(日本初発売)に、彼らがこれまで発売してきたアルバムからセレクトした11曲と未発表の新曲1曲をプラスした日本独自企画のベスト盤だ。

カナダで家族でXmasを過ごしているThe Ninesのスティーヴ・エッガーズからの最新インタビューが到着した。それをご紹介しよう。

──今回の日本企画ベストに収録されているアルバム『Gran Jukle’s Field (グラン・ジュクル・フィールド)』について教えてください

スティーヴ・エッガーズ(以下SE):「Gran Jukle’s Field」は15歳のときに想像の中で作り上げた架空のサイケデリックな場所なんだ。現実の世界から逃れるための手段だったんだけど、この架空の場所を想像しながら音楽を作っていた。このアルバムはそんな子供の頃からの想像上の夢の世界を初めて具現化できた気がしたので、アルバムのタイトルにつけたんだ。

──今回の日本企画ベストには未発表の新曲「Lost And All Alone」が収録されましたが、どういういきさつだったのでしょう?

SE:実はこの曲は僕が最初に音楽を書き始めた頃、16歳の時に初めて作った曲なんだ。今回のプロジェクトはザ・ナインズの20年に渡る音楽のコレクションでもあるから、子供の頃一番最初に作った最も原点ともいえるこの曲を今回のコレクションに入れるのがふさわしいと思った。なので、今回このアルバムのために新たにレコーディングして完成させた。これは日本の皆さんへの特別な贈り物だよ。

──影響を受けたアーティストなど教えてください。

SE:子供の頃はポール・マッカートニー&ウィングス、ELO、スーパートランプなどとともにポリスやスピリット・エンズなどの初期のNew Waveバンドを聞いていた。それからXTCやスクリッティ・ポリッティ、ネイキッド・アイズとかに広がっていった。ピアノ・プレイヤーとしてはずっとエリック・カルメンとスティーヴィー・ワンダー、そして、もちろん、生涯通じてビートルズとビーチ・ボーイズだね。70年代のAMラジオから流れてくるポップスも好きだった。最近ではWhitneyや Mac Demarcoのような新しいバンドも聴いて、いつも学んでいるよ。

──日本の印象は?

SE:僕はまだ日本に行ったことがないんだけど、日本の人々は誠実で優しく、美しい国だと聞いていて、日本食にもとっても興味がある。実は大阪に友達がいて、日本で演奏しないかって言われているんだ。長年日本で応援してくれている素晴らしいファンもたくさんいるから、できればすぐにでも日本に行きたいよ。

──日本のファンにメッセージをお願いします

SE:日本のファンの皆さん、ずっとサポートしてくれてありがとう。そして、こんなコレクションを日本でリリースすることができるなんて、僕はなんて幸運な男なんだろうって思っています。また、この作品によって初めて僕の音楽を聴いてくれる方々との新たな出会いもあるでしょう。ここに収録されている曲はたくさんの愛とたくさんの喜びとたくさんの思い出に満ち溢れています。日本の皆さんに気に入ってもらえることを願っています。そして、すぐに皆さんに会えることを楽しみにしています。

リリース情報

ザ・ナインズ 『ザ・ベスト・オブ・ザ・ナインズ』
The Nines / Gran Jukle's Field + Bonus Singles Collection(Japan Edition)
2019年12月25日発売 SICX146 ¥1800+税
【収録曲】
―『Gran Jukle’s Field』―
01. インサニティ  Insanity (The Sanest Thing You've Got)
02. ドント・ビー・ア・フール  Don't Be A Fool
03. ダンス・ジャスト・フォー・ミー Dance Just For Me
04. シー・ハイジャックド・ミー  She Hijacked Me
05. シャンテル・エリザベス  Chantel Elizabeth
06. アイ・アム・ロスト  I Am Lost
07. ヴァージニア  Virginia
08. セーフ  Safe
09. モノトニーズ・ソング  Monotony's Song
10. ファインド・アワー・ウェイ・バック・ホーム  Find Our Way Back Home
11. アイリーン Eileen
12. グラン・ジュクル・フィールド Gran Jukle's Field
―『Bonus Singles Collection』―
13. モーニング・アイ・ウェイク Morning I Wake (from Wonderworld of Colourful)
14. ベター Better (from Properties of Sound)
15. ドラマ・クイーン Drama Queen (from Calling Distance Stations)
16. メリー・ジェーン Mary Jane (from Calling Distance Stations
17. マリゴールド Marigold (from Calling Distance Stations)
18. ファー・アウェイ Far Away (from The Nines)
19. シーズンズ Seasons (from The Nines)
20. オペレイター Operator (Coming Home To You) (from Alejandro's Visions (Original Soundtrack))
21. メイビー・イフ・ユー・ステイド Maybe If You Stayed (from Colour Radio (American Transistor))
22. イッツ・クリスマス It's Christmas (from It's Christmas)
23. グッドナイト・マイ・ラヴ Goodnight My Love (from It's Christmas)
24. ロスト・アンド・オール・アローン Lost And All Alone (New Song/Unreleased)新曲

関連リンク

◆特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報