佐藤竹善、ビッグバンド・ライブ大成功「実現して本当にうれしい」

ツイート

SING LIKE TALKINGの佐藤竹善が12月28日、ビッグバンドを率いたソロライブ<Rockin' It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~>の大阪公演をオリックス劇場で開催した。

◆<Rockin' It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~>画像

同公演はカバー企画シリーズ『Cornerstones』の新作『Don’t Stop Me Now 〜Cornerstones EP〜』のリリースに伴い、東京と大阪の2都市で開催されたものだ。以下、大阪公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

11月に中野サンプラザで行われた東京公演が、類を見ない音楽性の高さで来場者を虜にしたことも記憶に新しいが、大阪公演では、東京公演には不在だった、ライブアレンジを担当したエリック・ミヤシロが参加。圧倒的な存在感で国内屈指のバンドメンバー17名を率いて、東京公演より1曲多い18曲を演奏。そのクオリティ、グルーブ、そして竹善のボーカルパフォーマンスもパワーアップし、さらに観客を魅了したように感じられた。

一曲目のビリー・ジョエル「Tell Her About It」に続き、2019年10月にリリースされた佐藤竹善のソロ作品『Don't Stop Me Now ~Cornerstones EP~』収録のオリジナル曲「VISION」が披露されたのち、「ロックやポップスの、誰もが知っている、皆さんが良く知って親しんで、聴きやすいような曲をあえて選びました。そんな曲たちと、ジャズのビッグバンドのオーセンティックなスタイルとの架け橋のように表現したいと思っています。こういったライブが実現して本当にうれしいです」と語り、竹善が“ホーンセクションというものを初めて知ったというバンド”シカゴの名曲「If You Leave Me Now」が演奏された。

初めて見るビッグバンドのライブの楽しみ方に、聴衆が戸惑っているように感じたのか、軽口と共に「ビッグバンドはダンスミュージックですので、聴いてやるぞ!という構えではなくて、踊ってくれても構わないんです」と呼びかけ、“いつかビッグバンドのサウンドで演奏したら、きっと楽しくなるのではないかなと思って温めていた曲”であるという、SING LIKE TALKINGの人気曲「Together」を披露。なお「Together」は同じくSING LIKE TALKINGのダンサブルな人気曲「RISE」とのカップリングで2020年1月22日にアナログ7インチレコードがリリースされるという。

今回のライブの盛り上がりを表現するために“Rockin' it Jazz Orchestra”と名付けられた、ビッグバンドの名前を紹介すると、続いて東京でもゲスト出演したTOKUがフリューゲルホルンを携えて登場。ジャズスタンダード「It Don't Mean A Thing」に続き、『Don't Stop Me Now ~Cornerstones EP~』にピアニストの宮本貴奈と共にアレンジしたバージョンが収録されている、ニール・セダカの「Laughter In The Rain」のエリック・ミヤシロ アレンジ・バージョンが演奏された。

続けて竹善が大学生時代に、ルーツミュージックであるジャズやソウル、R&B聴くきっかけとなったというブルーアイド・ソウル/AORコーナーに突入。マンハッタン・トランスファー「Twilight Tone」、スティーリー・ダン「FM」、ケニー・ロギンス「Heart To Heart」が演奏され、「FM」に関しては「スティーリー・ダンに出会わなかったら、SING LIKE TALKINGももっとポップな曲がかけたのだろうか? それぐらい僕ははまってしまいまして、どこかでひねくれたことをやりたくてしょうがないそんなバンドになってしまいました(笑)」自らの音楽遍歴を冗談交じりに語った。


ここで竹善は今回のライブのアレンジャーで、トランペット奏者であるエリック・ミヤシロをステージ中央に呼び出し、エリックは「僕と竹善さんは同じ年齢なのですが、今回の選曲されたものが僕にとってもツボで! ワクワクしながら書いたのですけれども、名曲ばかりなので、いじるのが大変でした。でもやはり竹善さんの持ち前の素晴らしい声を楽器みたいに考えて、ハーモニーやリズムを変えたりして、大冒険をさせていただきました」と語った。その試みが大成功していることは、竹善はもとより、他のビッグバンド・メンバー、聴衆はとうに気付いており、日本の宝といえるエリックの才能に改めて賞賛の声が起こった。そんなやり取りからの流れで、東京公演では演奏されなかった唯一のインスト曲、ウェザー・リポートの「Birdland」が披露された。曲中では、17人のバンドメンバーが全員それぞれソロを取り、演奏が終わると自然とスタンディングオベーションが発生した。

ここからは各セクションをフィーチャーするアレンジ/楽曲が続く。ピアノ青柳誠とギター梶原順のみの演奏で、コーラスの浦嶋りんことデュエットしたアーロン・ネヴィル&リンダ・ロンシュタットの「Don’t Know Much」、サックスのセクションと、ドラム北井誉人によるカホーン、コーラスのみでタンゴ、フラメンコのようなアプローチに挑戦したポリスの「Roxanne」、オールドスタイルのプレイがエリックお墨付きのトランペット二井田ひとみをフィーチャーしたジャズスタンダード「It's Only A Paper Moon」、トロンボーンセクションをフィーチャーし中川英二郎のソロが際立った「Lover, Come Back To Me」が披露され、聴衆はそれぞれのプレイに酔いしれた。

公演はいよいよ終盤に突入。今回の大阪公演はライブレコーディングが行われており、2020年春にライブ音源がCDなどでリリースされることがアナウンスされたのち、『Don't Stop Me Now ~Cornerstones EP~』では大儀見元率いるSALSA SWINGOZAのアレンジでクラブシーンでも話題のスティービー・ワンダーの「Do I Do」が、エリック・ミヤシロによるビッグバンド・アレンジ・バージョンで披露。続いて竹善が敬愛してやまないクイーンの「Don't Stop Me Now」が披露され会場の盛り上がりはピークに達した。

本編最後にはメンバー紹介ののち、竹善は「90年代に入ってからの曲なのですが、この曲をビッグバンドでどこまで表現できるか挑戦したかった」と語り、ピーボ・ブライソンの「Can You Stop The Rain」が演奏され、ライブ本編は終了。

スタンディングオベーションからのアンコールでは、「今回の東京と大阪のライブをやったことで、こういったビッグバンドの形の演奏をやりませんか?というお話が来ておりまして、来年も何かしらできるんじゃないかなと思っております」と明かし、2020年にも同様の佐藤竹善のビッグバンド・スタイルのライブが楽しめる可能性を示し、最後の最後にクイーンの「Crazy Little Thing Called Love」を届けて、公演は無事に終了した。

佐藤竹善の圧倒的な歌唱力と、エリック・ミヤシロ率いる日本屈指のメンバーを集めた“Rockin' it Jazz Orchestra”との共演は、竹善が目指すポップスとオーセンティックなビッグバンド・スタイルとの融合を見事に成功させたといえるであろう。来年また、ライブ盤で、そして再演で、この感動を再び味わえることを楽しみにしたい。


<Rockin' It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~>

【大阪公演】
2019年12月28日(土)大阪・オリックス劇場
《大阪公演 バンドメンバー》
Pf 青柳 誠
B 川村 竜
Dr 北井誉人
G 梶原 順
Tp エリック・ミヤシロ
Tp 小澤篤士 
Tp 二井田ひとみ
Tp 田沼慶紀
Tb 中川英二郎
Tb 半田信英
Tb 鳥塚心輔
Tb 野々下興一
Sax&W.W 庵原良司
Sax&W.W 真野崚磨
Sax&W.W 鈴木 圭
Sax&W.W 鍬田修一
Sax&W.W 竹村直哉
Cho 浦嶋りんこ

Special Guest:
Flh TOKU

Arrange:
エリック・ミヤシロ

▼演奏楽曲
1. Tell Her About It
2. VISION
3. If You Leave Me Now
4. Together
5. It Don't Mean A Thing
6. Laughter In The Rain
7. Twilight Tone
8. FM
9. Heart To Heart
10. Birdland
11. Don't Know Much
12. Roxanne
13. It's Only A Paper Moon
14. Lover, Come Back To Me
15. Do I Do
16. Don't Stop Me Now
17. Can You Stop The Rain
18. Crazy Little Thing Called Love

佐藤竹善『(仮)Rockin' It Jazz Orchestra 《大阪公演》』

2020年春 発売予定
※詳細未定

佐藤竹善『Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~』

【CD/配信】
2019年10月23日(水)発売
POCE-12130 ¥2,000+税
<収録曲>
1. Don't Stop Me Now (Big Band version)
Arranged by エリックミヤシロ
2. VISION (オリジナル新曲)
Arranged by エリックミヤシロ
3. Laughter In The Rain feat.TOKU
Arranged by TOKU, 宮本貴奈
4. Do I Do feat.SALSA SWINGOZA
Arranged by 中路英明, SALSA SWINGOZA
5. Heal Our Land / SALSA SWINGOZA feat.佐藤竹善
Arranged by SALSA SWINGOZA
※SALSA SWINGOZA「Cantando」(2016)収録楽曲

【12"アナログレコード】
2019年12月4日(水)発売
HR12S023 ¥2,800円+税
※アナログレコードにはCD M5「Heal Our Land」は収録されません
販売元:株式会社ローソンエンタテインメント
販売URL: https://www.hmv.co.jp/product/detail/10274446

SING LIKE TALKING 7"アナログレコード「RISE / Together」(完全生産限定盤)

~Compiled & Edited by 吉沢 dynamite.jp(和モノAtoZ)~
2020年1月22日(水)発売
MHKL-25 ¥1,800+税
カッティング・エンジニア:バーニー・グランドマン
販売元:Sony Music Direct『GREAT TRACKS』
予約URL: https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=MHKL000000025

この記事をツイート

この記事の関連情報