アヴェンジド・セヴンフォールド、メンバー5人中4人がビリー・アイリッシュを高評価

ツイート

アヴェンジド・セヴンフォールドのメンバーが年末、2019年のトップ・アルバム5枚をそれぞれ発表した。

◆アヴェンジド・セヴンフォールド画像

5人の中4人がトゥールの最新アルバム『Fear Inoculum』とビリー・アイリッシュのデビュー作『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』を挙げた。

それぞれのお気に入りは以下のとおり。

M.シャドウズ(Vo)
トゥール『Fear Inoculum』
ラナ・デル・レイ『Norman Fucking Rockwell!』
カニエ・ウェスト『Jesus Is King』
ブリング・ミー・ザ・ホライズン『amo』
ビリー・アイリッシュ『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』

シニスター・ゲイツ(G)
トゥール『Fear Inoculum』
カニエ・ウェスト『Jesus Is King』
ビリー・アイリッシュ『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
Dirty Heads『Super Moon』
ウィーザー『Teal Record』

ザッキー・ヴェンジェンス(G)
ブリング・ミー・ザ・ホライズン『amo』
マシン・ガン・ケリー『Hotel Diablo』
ヴォルビート『Rewind, Replay, Rebound』
ポスト・マローン『Hollywood Is Bleeding』
ゲイリー・クラーク・ジュニア『This Land』

ジョニー・クライスト(B)
トゥール『Fear Inoculum』
Dirty Heads『Super Moon』
ビリー・アイリッシュ『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
ウィーザー『Black Album』
リゾ『Cuz I Love You』

ブルックス・ワッカーマン(Ds)
トゥール『Fear Inoculum』
ビリー・アイリッシュ『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
ザ・ラカンターズ『Help Us Stranger』
The Fearless Flyers『The Fearless Flyers II』
ザ・ナショナル『I Am Easy To Find』

2人がカニエ・ウェスト、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、Dirty Headsを挙げ、ウィーザーも2回登場するが、選んだのは別の作品だった。



アヴェンジド・セヴンフォールド自身は、2018年にEP『Black Reign』をリリースしたものの、スタジオ・アルバムは2016年の『The Stage』以降発表されておらず、2019年はツアーもなかった。2020年の活動が期待されている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報