Creepy Nutsと乃木坂46メンバー出演、カップスター45周年記念MV公開

ツイート

カップスター誕生45周年を記念してCreepy Nuts×カップスターのコラボが実現。スペシャルミュージックビデオ「食べたその日から by Creepy Nuts」がブランドサイト、YouTubeで公開された。

◆「食べたその日から by Creepy Nuts」ミュージックビデオ

「食べたその日から 味の虜に 虜になりました はっふっほっ」でお馴染みのオリジナルCMソングは、1975年の発売当初より使われているカップスターの定番CMソング。

Creepy Nutsは、カップスターを食べたその日以降、その人に何が起きていたのかをテーマにCMソングの続きを書き下ろした。45年間一度も描かれることのなかったエピソードを自分たちの結成当初の頃に重ね合わせ、夢を持ち力強く突き進むことでチャンスをつかみ取っていけるんだという熱い想いと、大きな夢に向かって突き進んでいくお腹のお供にカップスターがあったことを魂のこもったラップで表現している。

なお動画内には、商品のCMキャラクターを務める乃木坂46メンバーも登場するのでチェックしてみよう。



▲45周年記念パッケージ

■Creepy Nuts コメント

R-指定:普段やらないタイプのラップの乗せ方をしてみました!松永さんのトラックも不穏でクール!カップスターというクラシックCMの曲だからこそ、色々挑戦してみました!

DJ松永:CM用に書き下ろした楽曲ではありますが、それ単体で楽しんでいただけるくらいの密度の濃い作品を目指したつもりです。CM本編の世界観と落差のあるトラックや、R-指定の歌詞の中に登場する言葉遊びに注目して頂けたら嬉しいです。映像を手掛けているのは「Creepy Nuts / スポットライト」のMVの監督もしてくださった池田一真さん。久しぶりにお仕事でご一緒出来たのも嬉しかったですし、映像も流石の仕上がりです。

■オリジナル曲作曲家・比呂公一 コメント

オリジナルCMソングが生まれてから45年も経過しましたが、受け継がれながら永きに渡りこの音楽を愛してもらってとても感謝しております。今回のお話をお聞き及びした際には、どんな楽曲になるのだろうと思いましたが、若い世代のアーティストさんの新しい視点で制作された楽曲を実際に聴いてみて、若い方々にも気に入っていただける楽曲になって欲しいと思いました。

■サンヨー食品担当者 コメント

カップスターは、2020年の1月18日をもって、発売から45周年を迎えます。発売当初から45年間使っているCMソングですが、曲そのものをここまで大胆にアレンジしたのは初めての挑戦でした。これまでのカップスターCMソングが築いてきたイメージを感じさせつつ、新しい時代に合わせて大胆にバージョンアップしていくというとても難しい取組みでしたが、Creepy Nutsさんのセンスをはじめ、関係者皆様のご理解とご尽力で最高のコラボレーションに仕上がったと思っています。
乃木坂46さんCreepy Nutsさんファンは勿論、お一人でも多くの方々に楽しんでいただければと思っています。

「食べたその日から」歌詞

食べたその日から 月日流れ今 晴れた曇り空 沸かすこのフロア
食べたその日から 湧いたこの力 冷めた他人の目すら 沸かすフロー

これは3分と待たず飛び出る散文の嵐 サンプルは無し散布する街の端々
箸が転んで笑い転げたあの頃 俺が箸にも棒にもまだかからぬ頃

喉に絡む苦汁ぐっと飲み干してまずは空のカップ、空のフロア眺めながら呟いた
泥水すすっても雀の涙 麺をすすりながら、毎夜すすり泣いたが
懲りず、すずりに向かいて徒然なるまま 綴り殴り書いた話の続きさ

行けば分かる 湯けむり上がる むせ返るフロア にて盛り上がる
give me a chance 引き下がる事は無く 食い下がる 一か八かで決まる 日々を生きて今がある

食べたその日から 月日流れ今 晴れた曇り空 沸かすこのフロア
食べたその日から 湧いたこの力 開けた未来のドア じゃなくてフタ

客沸かし、湯沸かし、夜明かし ふやかし、ひやかしの類いも分からし
客沸かし、湯沸かし、夜明かし ココに記す足跡俺の居た証

この記事をツイート

この記事の関連情報