北欧の新鋭バンドH.E.R.O.、2020年新たなフェーズの始まりを告げる新曲を公開

ツイート

北欧の新鋭が再び日本を席巻へ。デンマークのロックバンド“H.E.R.O.(読み方:ヒーロー)、2020年新たなフェーズの幕開け告げる新曲「アヴァランチ」が1月10日に配信スタートとなった。ハード・ロックとキャッチーなポップのメロディの融合で世間を驚かせた3人。新曲についてリード・シンガーのクリスは、「“アヴァランチ”は個人的危機の中で自分自身を見いだす曲。きちんと再構築するためにすべてを取り壊すことについて歌っているんだ」と語る。まさしく雪崩(=アヴァランチ)のように大胆で迫力ある楽曲に仕上がった。

今月末からは念願の単独公演がスタート。初来日から約1年を経て、2020年1月31日(金)大阪・心斎橋 SOMA、2月1日(土)東京・代官山 SPACE ODDの2会場で行われる。このツアーのサポート・ベーシストとして、デンマークの伝説的バンドMEWのヨハン・ウォーラートが参加。ヨハンは新曲のレコーディングにも参加しており、LIVEでのパフォーマンスも期待できそうだ。

H.E.R.O.はクリストファー・スティアネ(Vo&G)、アナス“アンディ”・キルケゴール(Dr)、ソレン・イテノフ(G)による3人組バンド。

既に同郷の大人気バンド“ディジー・ミズ・リジー”のサポート・アクトも経験し、本国のみならず海外でも注目集めている。日本においては、ショーケース・イベント「HOKUO LOUD NIGHT」への出演のため、2018年11月に初来日を果たす。世界に先駆けてデビュー前にいち早く見せたそのパフォーマンスは絶賛をもって受け入れられ、来るべき日本デビューへ向けてのアピールとして充分すぎるほどの実力を遺憾なく発揮した。この来日がきっかけとなり、バンドは2019年1月にSLASH feat. Myles Kennedy and The Conspiratorsの日本公演のサポート・アクトに抜擢。日本デビュー前に2度目の来日を果たし、日本での勢いを見せつけた。

その勢いと共に、制作されたデビュー・アルバム『ヒューマニック』を2019年9月にリリース。特に日本ではシングル「スーパーパワーズ」が全国各ラジオ局でパワープレイに選出され、4月度のラジオ・オンエアチャート(洋楽)で、並み居る大物アーティストをおさえて4週連続1位を獲得した。この快挙を受け、5月にクリストファーが緊急単独プロモーション来日を果たす。アコースティックギター1本を片手に、全国を5日間で回り、約40件以上のインタビューを敢行。普段は海外のアーティストを取り上げないようなメディアも、デンマークのフロントマンに熱いラヴコールを送った。

この1年で数々の希有なチャンスをものにしているH.E.R.O.の単独公演、そして新曲に期待してほしい。

ライブ・イベント情報

H.E.R.O. JAPAN TOUR 2020
大阪:1月31日(金)心斎橋 SOMA
東京:2月1日(土)代官山 SPACE ODD

リリース情報

最新シングル「アヴァランチ」
各音楽配信サイトで配信中
※各配信サイトリンク
https://SonyMusicJapan.lnk.to/HEROavalanche
この記事をツイート

この記事の関連情報