ブルース・スプリングスティーンの息子、米ニュージャージー州の消防士に

ツイート
Photo by Rob DeMartin

ブルース・スプリングスティーンの息子サム(サミュエル・ライアン・スプリングスティーン)が、米ニュージャージー州ジャージーシティの消防士になった。

◆ブルース・スプリングスティーン 関連画像

火曜日(1月14日)に市庁舎で開かれたセレモニーには、ジャージーシティの市長や市職員らと並んでスプリングスティーンと妻パティ・スキャルファも出席した。

米ABC Newsによると、スプリングスティーンは集まったメディアを前に、「今日は息子の日だ。だから、僕はしゃしゃり出ないよ」と言いつつ、「僕らはとても誇りに思ってる。すごく誇らしい。長い道のりだった。彼は長いこと、献身してきた。彼の気持ちを考えるとワクワクする」と喜びを口にしたという。

WCBSは、サムは2014年に消防学校を卒業し、これまで3ヶ所の消防署でボランティア消防隊員として従事してきたと伝えている。







サムはブルース&パティ・スプリングスティーン夫妻の第3子、末っ子で、1月5日に26歳の誕生日を迎えたばかり。長男(29歳)は現在、音楽プログラマーの仕事をしているようだ。長女(28歳)は馬術選手として活躍している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報