元フリートウッド・マックのピーター・グリーン、新プロジェクトでメタリカのカーク・ハメットとコラボ

ツイート

メタリカのギタリスト、カーク・ハメットは先週、とくに説明はなく、元フリートウッド・マックのピーター・グリーンとの2ショットをインスタグラムに投稿していたが、Rufus Publicationsがその後、ハメットがグリーンの新しい本+音楽のプロジェクトに参加していることを明かした。

◆公開された写真

ハメットは2枚の写真を公開し、1枚ではグリーンがメタリカのアルバム『Master Puppets』を掲げるところ、もう1枚では2人がギターを手にする姿がとらえられていた。





『Planet Rock』によると、Rufus Publicationsは現在、グリーンの特別本と音楽のプロジェクトに携わっており、ハメットはアビー・ロード・スタジオでのレコーディングに参加するため英国を訪れたと説明したという。

公開された写真にあるギター(1959 Gibson Les Paul)は、グリーンがゲイリー・ムーアに売却したもので、現在はハメットが所有していて、グリーンは47年ぶりにそれと再会したという。“Greeny”として知られるこのギターは、レコーディングで使用されたそうだ。

レコーディングにはハメットのほかにもゲスト・ミュージシャンを迎えており、年内に発表予定。

グリーン(73歳)は、英国南部で隠居生活を送っており、この数年は家でギターをプレイしたり、絵を描いたりして過ごしていたという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報