セリーヌ・ディオン、母が亡くなった日の公演で「虹の彼方に」を熱唱

ツイート

セリーヌ・ディオンが1月17日、母Thereseさんが亡くなった日に開いた公演で、「Over The Rainbow(虹の彼方に)」を母に捧げた。

◆公演の様子

ショウの最後で、ステージ後部のスクリーンにThereseさんの写真を映し出し、歌ったそうだ。セリーヌは「Je t’aime maman - Céline xx...(愛してる、ママン)」と、その美しいパフォーマンスの映像をSNSで公開した。



14人の子供の母親で、カナダで料理番組を持っていたThereseさんは“ママン・ディオン”と親しまれてきた。17日未明、92歳で、家族に囲まれる中、息を引き取ったという。

現在、<Courage>北米ツアー中のセリーヌは、その日、「ママン、私たちはあなたをとても愛してる…」と哀悼し、「今夜の公演はあなたに捧げます。心を込めて、あなたに向け歌います」と17日のマイアミでの公演を予定通り開催することを伝えていた。

セリーヌは昨年9月、ニュー・アルバム『Courage』(11月リリース)をプロモートした世界ツアーを母国カナダで開幕。クリスマス休暇を取った後、2020年は1月8日にツアーを再開した。4月末までこの北米ツアーを続けた後、5月終わりからヨーロッパ・ツアーを開催。現時点、9月半ばまでの日程が告知されている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報