シカゴアンダーグラウンドのリエディット職人Rahaan来日

ツイート

30年以上もシカゴのアンダーグラウンドを牽引しながらも、近年はDekmantelやBoiler Roomといった世界中の旬な現場で活動を続けるRahaanが来日する。

荒々しくも魂の込もったミキシングとイコライジングによって、ソウル、ディスコ、ガラージ、ディープハウスを猥雑に織り交ぜ、黒いグルーヴの最もドープな瞬間をフロアにもたらす。そのパフォーマンスはシカゴの伝説ロン・ハーディのスタイルに最も近いと称されている。また、Rahaan自身が手掛けたプライベートのリエディットやレアなディスコチューンを含むプレイリストは中古レコード市場にも影響を与え、ヴァイナルディガーから常に注目される存在である。



共演にはRahannにも劣らない長いキャリアを誇るSoichi TeradaとShinichiro Yokotaの盟友が久々にタッグを組んでライヴを披露する。若き女流堀師Mayu Kakihataもアナログレコード向けにチューンナップされたサウンドシステムの魅力を引き出してくれるだろう。ContactエリアではMonkey Timers率いるDisko Klubbの面々がベルリン随一のパーティと評されてきた<Homopatik>を主宰するMr.Tiesを伴い登場。ディスコはもちろんのこと、独特の感性で様々なサウンドをミックスする姿は異才と称されることも。長いキャリアを誇るRahannと、自由奔放なMr.Tiesのコントラストはダンスミュージックの歴史と革新性を一晩で感じさせてくれるだろう。Foyerエリアをオーガナイズする三軒茶屋を拠点とするディスコマニア垂涎のパーティ<Disco Play>にも注目してほしい。


<DISCO FANTASY feat. Rahaan>

2020年2月1日(土)
Open 22:00
渋谷Contact
¥1000 Before 11PM
¥1000 Under 23
¥2500 GH S Members
¥3000 W/F
¥3500 Door

Studio:
Rahaan
Soichi Terada × Shinichiro Yokota -Live
Mayu Kakihata
bon appétit ($HOW5#テガキ & KAI)

Contact : organized by DISKO KLUBB
Mr. Ties (Homopatik)
MONKEY TIMERS
Jitsumitsu
YAMARCHY & GYAO

Foyer : organized by DISCO PLAY
HARSOUL (DiscoBoogie.com)
Takehiko Kitahara (TREE | 茶澤音學館)
Souta Raw (茶澤音學館)
CALPISS
Hiroyuki Fujimura
NISHIMAKI NAOSUKE

Food:ガパオ食堂
Produced by PRIMITIVE INC.


また来日を記念したThe Sound of RahaanのTシャツも会場限定で販売。シカゴサウンド好きには堪らないデザインモチーフになっているので、こちらも合わせてチェックしておこう。

■The Sound of Rahaan Tee

会場特別価格 : 4,000yen
Color : White, Gray, Burgundy
Size : S, M, L, XL

■Rahaan JAPAN TOUR INFO

1月31日(金)名古屋 Mago
2月1日(土)渋谷 Contact
2月2日(日)福岡 Desiderata
2月8日(土)浜松 Planet Cafe

◆Contact オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報