【ライブレポート】Nothing's Carved In Stone、「このツアーでみんなのそばに行ける気がする」

ツイート


昨年9月に発表された最新10thアルバム『By Your Side』に伴うレコ発ツアー<By Your Side Tour 2019-20>。ツアー21本中16本は各地でゲストを招き、しかもSuspended 4th、teto、WOMCADOLE、SIX LOUNGE、Age Factoryなど積極的に新進気鋭のバンドと対バンを重ねてきたNothing's Carved In Stone(以下ナッシングス)が、ワンマン・シリーズに突入。その初日にあたる東京公演を観てきたが、以前と比べてバンドの存在感やオーラは桁違いにレベルアップしていた。

19時6分、SEが流れると、村松拓(Vo/Gt)、生形真一(Gt)、日向秀和(Ba)、大喜多崇規(Dr)のメンバー4人が紗幕ごしに姿を現し、「Who Is」が始まるやカーテンが落ちると、会場は興奮状態に包まれていく。威風堂々たるバンド・サウンドを鳴らした後、「行こうぜ!」と村松は声をかけ、次は「In Future」へ。爽快なメロディと骨太のグルーヴで一気に攻め立てると、大勢の観客が拳を突き上げてノッていた。その右肩上がりの高揚感に「Blow It Up」を見舞うと、ウォーウォー!の大合唱で早くも会場を一つに束ねていた。


撮影:西槇太一
取材:荒金良介

■Nothing’s Carved In Stone<SPECIAL ONE-MAN LIVE "BEGINNING 2020">

2020年2月27日(木) 新木場Studio Coast
18:00 開場/19:00 開演

券種・料金
スタンディング ¥4,200(税込)
2F指定席 ¥4,200(税込)

※入場時ドリンク代別途必要
※3歳以上チケット必要
問い合わせ:DISK GARAGE(平日12:00~19:00) 050-5533-0888

(※)チケット情報ページ:
https://www.diskgarage.com/ticket/detail/no083807
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報