Da-iCE花村想太バンド・Natural LagがMV公開、主演は西野遼

ツイート

Da-iCEの花村想太によるバンドプロジェクト・Natural Lagが、1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』収録曲「蜃気楼」のミュージックビデオを公開した。

◆「蜃気楼」ミュージックビデオ

片想いする主人公役を演じたのは、<第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト>(2019年)で準グランプリ&QBナビゲーター賞をW受賞した西野遼。本作は西野の俳優デビュー作品になり、撮影に参加した感想として「花村想太さんは、緊張でガチガチだった僕に、優しく気さくに話しかけてくださり、とても素敵な方でした」とコメントを寄せた。

メガホンをとったのは、第28回日本映画批評家大賞(2019年)で新人監督賞を受賞した、1994年生まれの映画監督・写真家の枝優花。バンドの演奏シーンも含まれた柔らかい質感のミュージックビデオに仕上がっている。

なお『ナチュラルストーリー』は1月22日リリース。


■西野遼(主演) コメント

・MV撮影の感想
僕に、このような役を演じさせていただいたこと、本当に嬉しく思います。
初めてのお芝居は、不安でいっぱいでしたが、たくさんの方に支えていただいたおかげで、最後まで全力でやりきることができました。
そして今回の経験から、もっと様々な役を演じてみたいと感じました。
これからも日々たくさんの事を吸収して、励んでいきたいと思います!
花村想太さんは、緊張でガチガチだった僕に、優しく気さくに話しかけてくださり、とても素敵な方でした。

・楽曲の感想
初めて聴いた時、なんて優しくて、力強い歌なのだろうと感じました。
それを表している好きな歌詞があり、
「語彙力なんてないんだけど 偽りのない言葉はある」
という歌詞で、演じさせていただいた男の子の女の子への強い想いが真っ直ぐに伝わってくる、とても素敵な言葉だと感じました。

■枝優花(監督) コメント

ナチュラルラグという言葉から、日々過ごしているうちにどうしても思い通りにはいかないすれ違いや互いにズレていく気持ちのもどかしさを受け取りました。もしも、見えている世界が蜃気楼のように逆さまだったなら、どんな明日だっただろうか。何度も観ていただけたら嬉しいです。

[プロフィール]
1994年生まれ。映画監督・写真家。初長編映画『少女邂逅』が新宿武蔵野館を始め全国公開し2ヶ月のロングランヒットを記録。香港国際映画祭や上海国際映画祭に招待。2019年に第28回日本映画批評家大賞にて、新人監督賞を受賞。またSTU48やindigo la End、KIRINJI、佐藤千亜妃などの多くのアーティスト作品を手掛ける。


この記事をツイート

この記事の関連情報