いい音爆音アワー vol.110 「新春ナイス♪イントロ特集」

ツイート
爆音アワー
いい音爆音アワー vol.110 新春ナイス♪イントロ特集
2020年 1月15日(水)@風知空知
2020年が始まりました。21世紀になってもう20年なんて、改めてビックリです…。
一年の始まりは1月、音楽の始まりはイントロ、ということで、2020年最初のバクオンはイントロ特集にしました。
実はイントロをテーマにするのはこれが3回目。でもやはり、イントロというものは、ポップミュージックにとって重要なものだと思うし、クリエイターたちがセンスをふりしぼって作ったイントロたちは、今も魅力的に我々を音楽に引き込んでくれますからね。
今回は始まりの楽器に注目してみました。
ちなみに、前2回でご紹介した曲は除外してありますので、「えー、〇〇がないじゃん!」などと、ご不満に思われるかもしれませんが、悪しからず。

福岡智彦 (いい音研究所)

セットリスト

▶ドラム始まりイントロ
  • トライセラトップス「2020」
    2002年に、近未来=2020年の自分たちへの思いを歌った名曲。
  • Madonna「Dress You Up」
    この上なくシンプルなドラムイントロは、時間がなかったから?
  • U2「Sunday Bloody Sunday」
    このイントロ・ドラムはインパクト大。
  • The Beatles「Please Mr. Postman」
    ハイハット、8分音符ひとつだけ。最も短いイントロ?
▶イントロなし=ヴォーカル始まり
  • Elvis Costello and the Attractions「Accidents Will Happen」
    コステロはビートルズと並んで、ヴォーカル始まりが多いアーティスト。
  • Queen「Don't Stop Me Now」
    歌詞は「Highway Star」と同じくらいバカみたいだけど、他は非の打ち所なし。
  • 宇多田ヒカル「Flavor of Life -Ballad Version-」
    低音から高音まで広い音域にまたがる難しい曲。みごとな歌唱。
▶SE始まり
  • The Cascades「Rhythm of the Rain(悲しき雨音)」
    しみじみといい曲です。悲しくなんかない。
  • Electric Light Orchestra「All Over The World」
    この曲のドラム・プレイも好きなのです♪
  • キャンディーズ「やさしい悪魔」
    アレンジ・演奏もすばらしい♪
  • 山下達郎「Bomber」
    この曲から山下達郎への注目度ががぜんアップした。
▶ベース始まり
  • Red Hot Chili Peppers「Around the World」
    このへんから激しさの中に叙情性が出てきて、急に好みのバンドになりました。
  • Carly Simon「You're So Vain(うつろな愛)」
    ベースのクラウス・フォアマンはビートルズ『Revolver』のジャケット・イラストを描いた人。
▶ギター始まり
  • The Rolling Stones「Brown Sugar」
    最初の音が2拍目なので、一瞬頭が分からなくなるよね。
  • David Bowie「Modern Love」
    イントロのギター・フレーズはかっこいいのに、その後1回も出てこないのです。
  • Chicago「25 or 6 to 4(長い夜)」
    ギター・イントロでもあり、全編を通してのギター・リフでもある。コード進行とともに王道です。

次回の爆音アワーは・・・

                        
この記事をツイート

この記事の関連情報