木村拓哉、若手クリエーター作の「GYAO!」オリジナルMV初公開

ツイート

木村拓哉が歌う「NEW START」と「ローリングストーン」の「GYAO!」オリジナルミュージックビデオが、本日1月22日(水)12:00より配信の『木村さ~~ん! 特ば~~ん2!』#4にて独占先行初公開される。

「NEW START」「ローリングストーン」は、どちらも1月8日(水)にリリースされた木村のオリジナルアルバム『Go with the Flow』の収録曲。映像は、「GYAO!」で配信中の番組『木村さ~~ん!』内で募集した若手クリエイターがミュージックビデオを制作する企画「Play the Flow.」により、約3週間という短期間で完成に至った。

「NEW START」のミュージックビデオは、大学院生の岡田詩歌さんと、社会人の鈴木麻友子さんによって制作された。「楽曲を聴いたときにとても疾走感があって、日々の悩みをエナジーに変えて明日に向かって頑張ろう!というメッセージを感じた」と語ったふたりは、サーフィンを楽しみ、海にゆかりがある木村のイメージから、海賊アニメのオープニングが情景として浮かんだとのことで、海に飛び立つイメージをアニメで表現した。

「ローリングストーン」のミュージックビデオは、武蔵野美術大学に通う水口紋蔵さんが担当。水口さんは「自分のなかで木村さんは時代の流れを作ってきた方だと思うし、その中で生きてきたというものを出していきたい。暗い中で木村さんに歌唱していただき、そこを小学生から大人までいろいろな人々が行き交う。人の流れ=時代の流れと置き換えてもらって、シネマライクに撮りたい」と語り、武蔵野美術大学内の美術館で撮影を行った。なお、映像内で木村が着ている白いニットは、絵コンテをあらかじめ見ていた木村自身が、それになぞらえたものをチョイスしている。

完成したミュージックビデオを鑑賞した木村は、時折驚いた様子を見せつつも満足気な表情を浮かべ、「“NEW START”は撮影したものをいかに“変換”させるか、というのがふたりの監督の創作の見せどころ。“ローリングストーン”は現場で何がどう撮れるかという“現場力”が肝。監督がこだわったロケ場所がきちんと活かされている」と感想を述べた。

また、木村は番組ディレクターより一連の企画について尋ねられ、「大成功! ただ、そう思わせてくれるのは、この監督たちのおかげだし、監督だけではなく(監督の)周りの友達や現場のスタッフだったり、そういう人たちの存在がそう思わせてくれていると思う。チャレンジしてもらったというよりいいものを作ってもらったという感覚」と語った。

「NEW START」「ローリングストーン」の完全版ミュージックビデオは、1月29日(水)12:00より『木村さ~~ん! 特ば~~ん2!』で独占無料配信される。

(C)Johnny Associates

■『木村さ~~ん! 特ば~~ん2!』

・#1~#3(MV制作過程):配信中
・#4(MV完成・鑑賞):2020年1月22日(水)12:00配信開始
・#5(「NEW STRAT」MV)、#6(「ローリングストーン」MV)2020年1月29日(水)12:00配信開始
※上記すべての配信は2020年3月31日(火)23:59で終了
出演者:木村拓哉 他
番組公式 Twitter:@flowsaaaan
URL:https://yahoo.jp/LfFumx
この記事をツイート

この記事の関連情報