全英チャート、エミネムがシングル/アルバムを制覇

ツイート

今週のUKチャートは、エミネムが新作でアルバム/シングル両チャートを制覇した。1月17日にサプライズ・リリースした11枚目のスタジオ・アルバム『Music To Be Murdered By』、その中から先月急逝したジュース・ワールドをフィーチャーした「Godzilla」が共に初登場1位に輝いた。

◆エミネム画像

これで、エミネムはサード『The Marshall Mathers LP』(2000年)から9枚全てのスタジオ・アルバムが全英1位を獲得した。ベスト盤『Curtain Call: The Hits』(2005年)を含むと10枚目となる。

アルバム・チャートの2位には、英国のギター・ロック・バンド、ザ・コーティナーズの6枚目『More. Again. Forever.』がチャート・イン。先週トップだったルイス・キャパルディの『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』は3位に後退し、ロンドン出身のインディ・ロック・バンド、ボンベイ・バイシクル・クラブの6年ぶりのニュー・アルバム『Everything Else Has Gone Wrong』が4位に初登場した。

今週はこのほか、ホールジーのサード『Manic』が6位、マック・ミラーが亡くなる直前まで制作していた『Circles』が8位と、計5枚の新作が新たにトップ10入りしている。

シングル・チャートの2位は、ラッパーRoddy Ricchの「The Box」が先週の5位から上昇。先週まで3週連続で1位だったストームジーの「Own It」が3位に後退した。首位争いは接戦で、1位のエミネムの「Godzilla」と2位のRoddy Ricchの「The Box」の差は100ユニットなかったという。



今週は、1位のエミネムほか、英国人のラッパー2人のコラボ、AitchをフィーチャーしたDigDatの「Ei8ht Mile」が9位にチャート・インした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報