ケミカル・ブラザーズ、グラミー賞ダンス・ミュージック2部門受賞

ツイート
Photo by Hamish Brown

ケミカル・ブラザーズが第62回グラミー賞で、ダンス/エレクトロニック・ミュージック2部門を制覇した。

◆ケミカル・ブラザーズ画像

「Got To Keep On」で最優秀ダンス・レコーディングを、『No Geography』で最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバムを受賞した。

ケミカル・ブラザーズは1998年に「Block Rockin’ Beats」で最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンスを獲得したのを初めに、2006年に「Galvanize」と『Push The Button』で今年と同じくダンス/エレクトロニック2部門を制覇、2008年に『We Are The Night』で最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバムと、今回を合わせ計6回グラミーを手にしている。







今年は、「We've Got to Try」が最優秀ミュージック・ビデオにもノミネートされていたが、こちらはリル・ナズ・Xの「Old Town Road」へ贈られた。

続々と受賞作が発表される中、ラップのカテゴリーでは、最優秀ラップ・ソングに故ニプシー・ハッスルの「Racks In The Middle」(feat. Roddy Ricch & Hit-Boy)が、最優秀ラップ・ソングに21サヴェージ feat. J. コールの「a lot」が選ばれている。ニプシー・ハッスル、21サヴェージとも初のグラミーとなった。

Ako Suzuki

■番組情報

『第62回グラミー賞授賞式』
2020年1月27日(月)よる10:00[WOWOWプライム] ※字幕版
字幕版はWOWOWメンバーズオンデマンドで配信: https://www.wowow.co.jp/mod/

▼リピート放送
『第62回グラミー賞授賞式』
2020年3月24日(火)よる10:30[WOWOWライブ] ※字幕版

最新情報は特設サイトにて: https://www.wowow.co.jp/music/grammy/

この記事をツイート

この記事の関連情報