tacica、札幌を舞台にしたアニメ『波よ聞いてくれ』OP曲に「aranami」書き下ろし

ツイート


tacicaの新曲「aranami」が、2020年4月よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠、HBCにて放送されるTVアニメ『波よ聞いてくれ』のオープニングテーマに決定した。

◆アニメ『波よ聞いてくれ』キービジュアル

同アニメは「アフタヌーン」(講談社刊)にて連載中で、『無限の住人』の沙村広明が描く最新作を、サンライズが制作。tacica結成の地でもある北海道・札幌を舞台に、スープカレー屋に勤務する26歳の独身女性・鼓田(こだ)ミナレが、ひょんなことから業界人の中年男性・麻藤兼嗣にだまされ、素人ながらも藻岩山ラジオ局(MRS)の深夜番組「波よ聞いてくれ」のパーソナリティに抜擢されてしまうというストーリーだ。なお今作「aranami」は、アニメのために書き下ろされた。

(c)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局

  ◆  ◆  ◆

【tacica コメント】
沙村広明の作品が好き。残酷さの中に美しさや信念がどの作品にも確実に存在するから。が、“波よ聞いてくれ”は少し違う。それはより現実的だし、より語り掛けるし、何より人が死なない、なのに斬って斬って斬りまくる。その新しさは僕らのこれからに重ねずにいられなかった。aranamiはより作品の事と、より僕ら自身の事に向き合った曲になった。
── 猪狩翔一(Vo, Gt)

  ◆  ◆  ◆

■TVアニメ『波よ聞いてくれ』

2020年4月よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠、HBCにて放送開始
(c)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局

番組オフィシャルサイト
https://namiyo-anime.com/

この記事をツイート

この記事の関連情報