アレンジ・作曲支援機能を備えた音楽作成ソフトがコードパッドやビートエディタを新搭載、「Singer Song Writer Lite 10」登場

ツイート

鼻歌やマウスを使ってメロディを入力、メロディのコード進行を自動判定して膨大な伴奏素材から選ぶだけで手軽に曲作りが楽しめる音楽作成・楽譜作成ソフトウェアの最新版が登場。インターネットより「Singer Song Writer Lite 10」(ダウンロード版)がリリースされた。パッケージ版は「Singer Song Writer Lite 9」が継続して販売されるが、ユーザー登録後、無償でバージョン10へアップグレード可能となっている。

メロディ入力、コード進行の自動判定、そして8,000種類を超えるオーディオやMIDIフレーズ素材、10,000パターンを超える伴奏素材からイメージ重視で選んで、手軽に曲作り。さらにボーカルやギター、キーボードなどの生伴奏のレコーディングも可能な「Singer Song Writer Lite」は、上位モデル「ABILITY」のDNAを継承した高品位なオーディオプロセッシング&MIDIエンジンを搭載。多数のソフト音源を収録し、パソコンだけで表現力豊かで迫力ある音作りも可能だ。


▲CHORD PADのパッドの色は進行度合いの強さを表し、色が濃くなるほど度合いは強くなる。すでに得意なコード進行パターンを持っている人には、新たなヒラメキを導くツールとしても活用できる。

最新版となる「Singer Song Writer Lite 10」は、より手軽に、よりクオリティの高い曲作りを可能にするための機能が盛り込まれた。まず、音楽理論を踏まえたコード進行を提案する「CHORD PAD」を搭載。作成する楽曲のキー(調)と現在指定しているコードを基準に、次に続く最適なコードや音楽理論上使えるコードを、コードの種類やディグリーネームごとに提示する。音楽理論を必要とせず、正確でバリエーションあふれるコード進行の設計を支援する。

オーディオデータのクオンタイズができるビートエディタも搭載。オーディオデータの演奏(リズム)の乱れの修正や、ミスタッチ部分をミスのない部分と差し替えてクオンタイズ、選択範囲のピッチ補正など録音後の編集がカンタンに行える。クオンタイズ機能は、ジャストなタイミング、自然なニュアンスを残す、など発音タイミングの補正がカンタンに行え、素材や状況に合わせてタイムストレッチや削除/無音部を追加してのクオンタイズが選択できる。


▲リズムの乱れの補正や、新たなビートの創出が可能なビートエディタ。

ピアノロールエディタは、コード構成音、ダイアトニックスケールの色分けやコードスケールでの色分け表示で音符入力や編集を支援。どのトラックでもマトリクス表示が可能で64分グリッド表示もサポートする。ピアノロールの鍵盤部分にはポップアップメニューコマンドも追加されている。また、移調楽器のキーがC#/Db、F#/Gb、B/Cb の場合に、チェックのON/OFF を切り替えることで#か♭のどちらで表示するかを指定可能に。ノートパレットにLOCKボタンが追加されシャッフル入力モードまたは8分音符入力モードで固定可能になったほか、コード名入力にM7+5、mb5、7b5、b5の4種類のコードタイプが追加されている。


▲グランドピアノ音源UVI Model D(上)とシンセ音源LinPlug Octopuas(下)が追加。

音源にはUVI「Model D」、LinPlug「Octopus」の2種類が追加、合計6種類のソフト音源が収録される。UVI「Model D」は、定番のSteinway Concert Grand Model Dをパリのトップスタジオ:Guillaume Tellのサウンドステージで収録。詳細なマルチサンプリング、精巧なマスタリング、先進的なスクリプティングにより、繊細なタッチから力強い響きまでありのまま、実際のピアノ同様のレスポンスと演奏感を実現する。一方のLinPlug「Octopus」は、オシレータ/フィルタの周波数変調による合成のためのマトリクスと、一般的なモジュレーションのためのマトリクスで構成されたデュアルマトリクス方式のシンセサイザーだ。エフェクトプラグインは、長いディレイタイムでコーラス、短いディレイタイムでフランジャーを効果を与える「Chorus2」、位相をずらした信号を合成してうねり効果を与える「Phaser」が追加されている。

インターネットでは1月28日より無償バージョンアップキャンペーンを実施中。Singer Song Writer Lite 9/9.5を購入後、2019年12月20日以降に最初のアクティベーションを行ったユーザーは、バージョン10へ無償でアップグレードできる。また、Singer Song Writer Lite 9パッケージ版は1月28日以降も継続販売され、ユーザー登録後、無償でバージョン10にアップグレードできる。パッケージ版には、アカデミック版やコルグnanoKEY2を同梱した「Singer Song Writer Lite 9 Keyboard Studio」、オーディオテクニカ製マイクを同梱した「Singer Song Writer Lite 9 マイクボックス」、各社ボーカロイド製品のユーザー向けのボーカロイドユーザー優待版などがラインナップされる。詳細は製品詳細ページでチェックを。

製品情報

◆Singer Song Writer Lite 10 for Windows(ダウンロード版)
価格:9,800円(税別)
発売日:2020年1月28日
この記事をツイート

この記事の関連情報