ポール・スタンレー、デミ・ロヴァートのパフォーマンスに「今年のグラミー最大のハイライト」

ツイート

キッスのフロントマン、ポール・スタンレーが、日曜日(1月26日)開かれた第62回グラミー賞授賞式でのデミ・ロヴァートのライブ・パフォーマンスを絶賛した。

◆デミ・ロヴァート画像、動画

ロヴァートのパフォーマンスは、2018年7月に薬物の過剰摂取で病院に搬送されて以来初めてで、彼女はこの夜、過剰摂取が起こる数日前に制作していた「Anyone」を初披露した。ピアノの伴奏を傍らに、純白のドレスを身につけたロヴァートは、冒頭で涙を流し、溢れんばかりの感情を込めパワフルに歌い上げた。

スタンレーはこれに対し、水曜日(29日)、こうつぶやいた。「グラミーを見直していて、再び、この夜の最もパワフルな光景──ピアノの横に立ち、歌詞とメロディーで隆盛を極めながら、自分の心と葛藤をさらけ出した女性に圧倒された。デミ・ロヴァート… WOW!」



ロヴァートはパフォーマンス後、「なんて素晴らしい夜だったことか。約2年ぶりにステージに復帰。ものすごくエモーショナルだった」とコメントし、ファンからの愛と支援に感謝した。





「Anyone」は同日、ロヴァートの1年半ぶりのニュー・シングルとしてダウンロード/ストリーミング・リリースされた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報