KIRINJI、2020年をもってバンドとしての活動を終了

ツイート
Photo (c)Yosuke Suzuki

KIRINJIが2020年をもってバンドとしての活動を終了することを発表した。以後は堀込高樹を中心に、現在のメンバーも含む“変動的で緩やかな繋がりの音楽集団”として活動していくという。

本日1月31日にオフィシャルサイトで発表された声明の中で、彼らは最新アルバム『cherish』(2019年)について、自身のキャリアの中でも“「one of the best」と言える内容であった”としながら「一方で、本作を作り終え、現編成のKIRINJIとして出来うることは全てやってしまったという思いも生じてまいりました」と説明。さらなる発展に向けて、現編成での活動を終了するという決断に至ったことを報告している。

2月28日にスタートする<KIRINJI TOUR 2020>が、楠均(Dr,Perc)、田村玄一(Pedal Steel,Steelpan)、千ヶ崎学(B)、弓木英梨乃(G,Vo)、堀込高樹(Vo,G)の5人による最後のツアーになるという。その後はフェスやイベントへの出演のほか、現編成となってからのKIRINJIを振り返る内容のファイナルライブも予定しているそうだ。



<KIRINJI TOUR 2020>

2020年
2月28日(金)北海道・札幌 PENNY LANE 24
3月5日(木)広島・広島クラブクアトロ
3月7日(土)福岡・イムズホール
3月13日(金)宮城・仙台 darwin
3月18日(水)大阪・Zepp Namba(OSAKA)
3月20日(金・祝)愛知・名古屋クラブクアトロ
3月24日(火)東京・LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)
3月25日(水)東京・LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)
3月28日(土)沖縄・桜坂セントラル

この記事をツイート

この記事の関連情報