新発想のトラベルギター、ネック着脱式のカーボンファイバーモデルにクラシックギタータイプが追加

ツイート

ネック着脱式でコンパクトに持ち運びできるカーボンファイバー製トラベルギターに、ナイロン弦のクラシックギタータイプが登場。Journey Instruments(米テキサス州オースチン)がWinter NAMM 2020で発表した、Overheadカーボンファイバー・シリーズの新製品「OC660M」の国内販売が2月上旬よりスタートする。


「OC660M」は、好評を得ているスチール弦のカーボンファイバーモデル「OF660」をベースに開発されたナイロン弦のクラシックギター。弦を張ったままネックを取り外して付属のバックパックに収納可能。ギターを持ち替えてさまざまなジャンルの音楽を演奏するギタリストが使いやすいように、狭めのナット幅48mmを採用している。ネックスケールは650mmのフルサイズながら、従来のOverheadシリーズと同じバックパックに収納できるので、主要航空会社の機内手荷物サイズに収まるのも魅力だ。


独自のカーボンファイバー構造を用いたサウンドボード技術と“THE Wedge”シェイプの採用は「OF660」と同様。サイズを超えたスケール感と自然なアコースティックサウンドを再現する。内蔵の3点式コンダクター式ピエゾピックアップがダイナミクスとアンビエンスを損なうことなく原音を忠実に増幅することから、生音の印象を変えないのでステージでも使いやすいギターとの評価を得ている。


Journey Instrumentsの国内総代理店であるJourney Guitars Japanでは、「OC660M」をクラシック・トラベルバッグギター第3弾としてリリース。2月上旬から国内販売を開始する。

カーボンファイバー製トラベルバッグギターシリーズには、このほかスチール弦の「OF660」と、ショートスケールのベースギター「OB660」もラインナップ(価格は各228,000円 税別)。いずれも弦を張ったままネックを取り外して、付属のバックパックに収納可能だ(バックパックは縦55.9×横35.5×奥行22.9cm、35~40L相当)。なお、今回登場の「OC660M」はブラック・マットフィニッシュの1色のみだが、「OF660」「OB660」は多彩なカラーが用意される。


▲スチール弦の「OF660」。写真はブラックグロスフィニッシュ(左)とネイビー(右)。

▲ショートスケールのベース「OB660」。写真左はパープルの「OB660P1」、右はフレットレスモデルの「OB660F」(ブラックグロスフィニッシュ)。

また、Journey Guitars Japanでは、厳選木材を使用したアコースティックギター・スタイルのOverhead/FirstClassトラベルバッグギター・シリーズ、多機能なJourneyTekギグケースが付属したRoadTripツアーギター、JourneyJuniorギター、J-ukeウクレレ各シリーズなど、これまでの持ち運びの問題を解決する製品を取り揃えている。ラインナップはJourney Guitars Japanのウェブサイトでチェックを。

製品情報

◆OC660M
価格:228,000円(税別)
発売日:2020年2月中旬
この記事をツイート

この記事の関連情報