松任谷由実、40回目の<SURF&SNOW in Naeba>開幕

ツイート

松任谷由実による冬恒例のリゾートライブ<SURF&SNOW in Naeba>が、2月2日(日)、新潟・苗場プリンスホテルにてスタートした。そのオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

◆松任谷由実 画像

1981年から始まったこのライブは今年で40回目。今回のステージは40th Anniversaryを象徴する“40th”の文字をモチーフにしたセットに、選曲は“苗場で聴きたい楽曲”を中心としたラインナップで、2月19日(水)まで全10公演行われる。


オープニングは幻想的な銀世界に現れた“氷の世界の魔女”ともいうべきシルバーのロングドレスで登場。ユーミンの冬の代表曲の1曲でもあり、苗場には欠かせない楽曲「BLIZZARD」(1984年 アルバム『NO SIDE』収録曲)からスタート。続いて、「サーフ天国、スキー天国」(1980年 アルバム『SURF&SNOW』収録曲)から始まり、これまで苗場で数多く演奏されたリゾートを背景に描かれた楽曲をメドレーで披露。

80年代スキーブーム、未だ上越新幹線が開通していない時代に、スキーを楽しみ、ロッジのような場所でアフタースキーライブをやってみたい、という遊び心から始まったこの苗場のライブについて、途中MCで「1981年、私たちは単にスキーがやりたくて、その口実みたいにこのライブを企画しました。気がつけば40年。40周年ということで、今回は始まる前からなんだかやたら感慨深いものがありました」と語った。



中盤では、1985年から始まった、ユーミンに選ばれた観客がステージで自分の好きな楽曲をリクエスト出来る“苗場名物リクエストコーナー”を挟み、後半では、オリンピックイヤーにふさわしい勝利の女神をテーマに作られた新曲「NIKE」、現在、テレビ東京系『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のテーマ曲としてオンエアされている最新曲「深海の街」も披露。他にも、代表曲「Hello, my friend」(1994年)「真夏の夜の夢」(1993年)含め、本編18曲、アンコール3曲、全21曲、約2時間半のステージを行った。

この苗場公演後、本格的にニューアルバムの制作に入り、2020年秋には39作目となるニューアルバムのリリースが決定。新たな名曲の誕生に期待が高まる。

撮影◎田中聖太郎

   ◆   ◆   ◆

<松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.40>

2020年2月2日(日)、3日(月)、6日(木)、7日(金)、10日(月)、11日(火・祝)、14日(金)、15日(土)、18日(火)、19日(水) 全10公演
会場:苗場プリンスホテル ブリザーディウム
開場20:30/開演21:00

料金:8,000円(税別)全席指定 ※6歳未満のお子様はご入場できません。
[問]キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

SURF&SNOW in Naebaスペシャルサイト【NET RESORT Y-topia】

<SURF&SNOW in Naeba>のコンサート期間中に、ライブ映像や苗場現地の情報、バラエティコンテンツなどを配信するスペシャルサイト
2020年1月30日(木)オープン
URL: https://ytopia.yuming.co.jp/

2月11日(火・祝)、19日(水)ライブ生配信決定
その他オンデマンド配信や、歴史を振り返る40周年記念アーカイブ企画など公開中

チケット一般販売:2020年1月30日(木)〜
チケット料金:
全3コース/各 ¥2,200(税込)
スペシャルコンテンツ/¥1,100(税込)
Twitter: https://twitter.com/YUMING_YTOPIA
Facebook: https://www.facebook.com/yuming.ytopia/

この記事をツイート

この記事の関連情報