The 1975のマット、体調不良で中止した後の公演に病衣で登場

ツイート

フロントマンのマット・ヒーリーの体調不良により土曜日(2月1日)オーストラリア・ブリスベン公演を中止したThe 1975は、翌日(2日)シドニーで開かれた<Laneway Festival>には予定通り出演することができた。ヒーリーは前日、入院したのを自ら揶揄し、病院で着るガウンにマスク姿かつ点滴用のスタンドを引きながらステージに登場した。

◆The 1975画像

ヒーリーはフェスティバル出演前、ファンからのお見舞いの言葉に感謝し、今夜は静か目の演奏になるかもとつぶやいていたが、このツイートや姿とは打って変わり、エネルギッシュなパフォーマンスを見せたそうだ。バンドは13曲をプレイしている。





The 1975は、ブリスベン公演の当日、「マッティがかなり具合が悪く、入院した。残念なことに、検査の結果、今日午後5時30分、医者から弱っていてプレイするのは無理だと忠告された」と、公演中止を告知していた。





The 1975はこの後、金曜日(7日)から3夜連続でパフォーマンス予定。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報