FEVER 333、2度目のジャパン・ツアー「今夜だけは全て手放して暴れようぜ」

ツイート
Photo by TEPPEI

FEVER 333の2度目の来日ツアーが開催された。

◆FEVER 333画像

初来日となった2018年の<FUJI ROCK FESTIVAL '18>出演、2019年の単独ツアーに続く形で実現した今回のジャパン・ツアー。彼らは1月28日(火)大阪・BIGCAT、1月29日(水)東京・マイナビBLITZ赤坂の2公演に加えて、2月1日(土)にはcoldrain主催フェス<BLARE FEST. 2020>に出演しオーディエンスを熱狂させた。以下、東京公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

1月29日。マイナビBLITZ赤坂には開演前から多くのファンが集まり、異様な盛り上がりを見せていた。

公式グッズの購入列も途切れることなく、開演時刻に向けてその熱気はどんどんと帯びていき、会場内には「333(スリー・スリー・スリー)!」というコールが飛び交っていた。

そして19時過ぎ、ステージに白い幕で覆われたままSEがかかり彼らのシルエットが浮かび上がる。怒号にも近い声援、歓声の中、3人が姿を現した。

オープニングは「Made An America」だ。1曲目からボーカルのジェイソン・エイロンは跳ねて走りシャウトをし、ギターのステファン・ハリソンもギターを振り回し跳ねまくる。ドラムのアリック・インプロタも大きなアクションでオーディエンスを煽る。まだ1曲目にもかかわらず全力なテンションの3人に、オーディエンスも負けじとこぶしを突き上げ、大きな声援で応える。サビ・パートでのコール・アンド・レスポンスもばっちりだ。歌詞にでてくる一部を「Tokyo!」に変えて歌うなど、サービス精神も忘れない。

Photo by TEPPEI

MCに入ると、「今夜、みんなに自分たちが持っているパワー、そして自分たちの存在の大切さに気づいてほしい。今この場所にいるだけでパワフルなんだ。俺たちは今、みんなと一緒に東京にいられることに感謝をしている。君たちのパワーと文化を俺たちとシェアしてくれてありがとう。俺たちのありのままの姿を受け入れてくれてありがとう」──ジェイソンはこう感謝を述べ、今まで暴れていたフロントマンとは思えない紳士な面も覗かせた。

アリックがドラム・ソロで会場を沸かすと、グリーン・デイの「Brain Stew」をカバー! ギターの歪んだリフに合わせてジェイソンは軽快なラップを重ねる。すると突然昨年世界的にヒットとなったリル・ナズ・Xによる「Old Town Road」のサビを合わせた見事なマッシュアップを披露。彼らのジャンルの幅広さを見せつけた。

あまりのヒートアップぷりにジェイソンはそうそうに上着を脱ぐ。迫力あるタトゥで覆われ鍛え抜かれた上半身を披露すると、ライブも終盤戦へ突入。

「初めて日本でライブをやった時思ったんだ、日本のみんなは最高だってことを。ちゃんと俺たちにリスペクトとラヴを見せながら歌を聴いてくれるときもあれば、俺たちと一緒に思いっきりクレイジーに暴れてくれる時もある!! 日本、マジで大好きだよ!」

「世の中は残酷で、俺たちに生き方を決めつけてくることもあるけど、今夜だけは全て手放して、ファッキン暴れようぜ!!」

こう叫び、「Prey For Me」、「Animal」、「Trigger」といったアップテンポでアグレッシブな曲で畳み込む。曲を終えると、ジェイソンは突然ステージから姿を消し、突如2階席に登場! まるでマジックのような早業にどよめきと歓声が起きる中、ジェイソンは再びマイクで感謝を述べると、キーボードで弾き語りで魅了すると、本編最後テレビ番組でも披露した「Burn It」を披露。鳴りやまぬ歓声の中、アンコールでは「We’re Coming In」、「The Innocent」、「Hunting Season」を3曲続けて披露。会場の熱量がこの日のピークに達すると、ジェイソンはオーディエンスの中へ! 1曲丸ごとファンに支えられながら歌い切り、ラスト「Hunting Season」ではステファンが2階席に飛び入りしギターをプレイ! 誰も予測できないパフォーマンスで最後の最後まで盛り上げて見せたFEVER 333。

Photo by TEPPEI

「今、この場所に立つことができて、東京のみんなと一緒に空間をシェアできて、とても光栄に思う。自分の芯を持って、ありのままで、全力で生きてくれ。自分のパワーを忘れるんじゃないぞ! みんな愛してるからな!」

こう何度もポジティブなメッセージを放つと、彼らはステージを後にした。

   ◆   ◆   ◆

<FEVER 333 ジャパン・ツアー>

2020年1月28日(火)大阪・BIGCAT
2020年1月29日(水)東京・マイナビBLITZ赤坂
■セットリスト
Made An America
Only One
Out Of Control
One Of Us
Brain Stew(Cover)
Inglewood
Walking In My Shoes
Prey For Me
Animal
Trigger
Am I Here?
Burn It
We’re Coming In
The Innocent
Hunting Season

来日記念盤アルバム『STRENGTH IN NUMB333RS JAPAN NEW EDITION』|『ストレングス・イン・ナンバーズ(来日限定盤)』

2020年1月22日(水)発売


WPCR-18308 ¥2,200+税
収録曲:
1. …
2. バーン・イット
3. アニマル
4. プレイ・フォー・ミー/3
5. ワン・オブ・アス
6. イングルウッド/3
7. ジ・イノセント
8. アウト・オブ・コントロール/3
9. アム・アイ・ヒア?
10. クーデトーク
11. トリガー(* BONUS TRACK)
12. ヴァンダルズ(* BONUS TRACK)
13. キングダム(* BONUS TRACK)
14. ワン・オブ・アス (GOLDHOUSE R333MIX)(* BONUS TRACK)
15. ジ・イノセント(ライブ・フロム・ウッドストック)(* BONUS TRACK)
16. ウィアー・カミング・イン(ライブ・フロム・ウッドストック)(* BONUS TRACK)

CD購入 / ダウンロード / ストリーミング: https://Fever333JP.lnk.to/SIN_JP2020Pu
この記事をツイート

この記事の関連情報