スウェード「52歳でロック・ミュージックを作るには気をつけないといけない」

ポスト

スウェードのフロントマン、ブレット・アンダーソンは、次に作るアルバムはダーティーでパンク風のロックなサウンドにしたいそうだ。ただ、52歳になった今、このタイプの音楽を作るには注意しなくてはいけないと思っているという。

◆スウェード画像

彼はシンガポールの『Augustman』誌のインタビューで、スウェードの次のプロジェクトについて問われると、こう話した。「次のアルバムのことはいつも考えてる。前2作は、幅広くで野心的で、ちょっとゴテゴテしてた。次の作品は、尖ってて、ライブなサウンドのロック・アルバムにしたい。よりダーティーでパンク風のサウンドだ。それって難しいんだよね。僕はいま52だから。僕の年齢の男がこのタイプの音楽を作るのは気をつけなきゃいけないって実感してる。ロックには若者ならではの危険な要素があり、もともとは若い人たちの音楽だった」

「間違った対応をすれば、ただの手引書みたいになりかねない。でも、スウェードのライブには生々しくパンクのようなエネルギーがある。僕はそれを捉えたいんだ」

スウェードは2018年9月に最新アルバム『The Blue Hour』をリリースしており、新作は通算9枚目のスタジオ・アルバムとなる。

彼らは今週初め、10月にヨーロッパ/UKでツアーを開催し、全英1位に輝いたサード・アルバム『Coming Up』(1996年)を全曲プレイすることを告知した。



Ako Suzuki
この記事をポスト

この記事の関連情報