ジョニー・デップ、ザ・ポーグスのシェイン・マガウアンの映画をプロデュース

ツイート


ジョニー・デップが、ザ・ポーグスのフロントマン、シェイン・マガウアンのドキュメンタリー映画をプロデュースする。

◆ザ・ポーグス画像

セックス・ピストルズのドキュメンタリー『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』『The Filth and the Fury』『セックス・ピストルズ 勝手にやったぜ!』やドクター・フィールグッド、キンクスのレイ&デイヴ・デイヴィス兄弟、ウィルコ・ジョンソンらの映画、ミュージカル映画『Absolute Beginners』ほか、数々のミュージック・ビデオを手掛けてきた、音楽ものを得意とするジュリアン・テンプルが監督する。

これまで公開されたことがなかったテンプルが所有するマガウアン関連の映像、コラボレーターたちやマガウアンの家族が提供してくれたホーム・ビデオだけでなく、アニメーションも加わるそうだ。

彼の音楽活動に迫るほか、マガウアンの60歳の誕生日を祝い2018年1月に開かれた、U2のボノ、ニック・ケイヴ、ジョニー・デップ、プライマル・スクリームのボビー・ギレスピー、セックス・ピストルズのグレン・マトロック、イメルダ・メイ、シネイド・オコナー、カタトニアのケリス・マシューズ、ザ・ポーグスのメンバーらがプレイし、アイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領までが出席した式典の模様もフィーチャーされるという。

デップは「シェーンのことを30年知っていて、僕の友人であり20世紀最も重要なアーティストで多くの人たちから愛される詩人の1人である彼の究極の映画をプロデュースできて光栄だ」と、コメントしている。

公開日はまだ明かされていない。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報