キース・リチャーズ、とうとう禁煙

ツイート

かつて、「タバコを止めるのはヘロインを止めるより大変」と話していたキース・リチャーズが、昨年秋からタバコを吸っていないそうだ。

◆キース・リチャーズ画像

キースは、アメリカのラジオ局Q104.3のインタビューで、「タバコを止めた……、10月からだ」と明かしたという。キースはちょうど1年前、タバコを止めたいと思っており、「トライしたが、いまのところ成功していない。ルー・リードがニコチンはヘロインより止めるのが大変だって言ってたが、その通りだ。ヘロインを止めるのは地獄だ。でも、これもちょっとした地獄だな。タバコは常にそこにあり、吸っちまう。俺は考えもせずにそれを手にし火をつけてる」と話していた。

しかしながら、昨年春、ミック・ジャガーが心臓の手術を受けたことで、決意を強めたようだ。「ミックも俺も前回のツアーで、俺らはやり続けるしかないって感じたんだと思う。俺らは続けなきゃならない」と話した。

ザ・ローリング・ストーンズは今週、5月から2ヶ月に渡り、北米で新たなツアーを開催することを発表した。

キースは2018年終わりには、酒を飲まなくなったと話している。健康上の問題があるわけではないが、「手を引いたんだ。ウンザリしたんだよ。たまに1杯のワインやビールを飲むことはあるが、止めるときがきた。他のものと同じように」と感じたそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報