メリー、中央線シリーズ完結。5人体制最後のツアー開催を発表

ツイート

メリーが2月8日、東京・神田明神ホールにて<メリー東京圏沿線 GIG #2 ドリームキラー ~中央線編~>ツアーファイナルを迎えた。

◆ライブ画像

2019年10月から中央線沿線の各会場で濃厚な熱気を生んできた本ツアーは、年明けから後半に突入。この最終夜はスリリングな映像を伴った「sheeple」で雰囲気たっぷりに幕を開け、「finale」や「ジャパニーズモダニスト」で畳みかけると、メリーならではの愁いを含んだ攻撃性がさっそく場内に広がっていった。


この日はガラ(Vo)、結生(G)、健一(G)、テツ(B)、ネロ(Dr)の放つ熱い音に加え、セットリストの半数に及ぶ楽曲にヴァイオリンとチェロを迎えるという特別編成。中央線編の前半でも見られたこの趣向では、メリーの激しい演奏と優美なストリングスの音色が溶け合い、素敵な瞬間をいくつも生んでいた。たとえば、「妄想rendez-vous」「傘と雨」「Kamome Kamome」などで施されたアレンジは、元の楽曲にひときわ豊かな彩りをもたらしていたように思う。


さらに興味深かったのは、中央線編の後半でお馴染みとなった、結生が鍵盤を弾く場面だ。ストリングスも交えた甘酸っぱい心地よさの「林檎と嘘」や美しく気だるい「薔薇と片隅のブルース」には特筆すべきものがあった。


「不均衡キネマ」が盛大に炸裂すると、本編はいよいよ終盤へ。「犬型真性MASOCHIST」などのアグレッシヴで猥雑な楽曲の数々を繰り出し、「Midnight Shangrila」をきらびやかに轟かすと、5人はステージを後にした。


アンコールでは、アコースティックギターを抱えたガラが結生の奏でる鍵盤に支えられて「匿名希望」の弾き語りを披露。その直後、メリーの5人にストリングスを加えた「さよなら雨(レイン)」が奏でられた場面は、メロディーと情感がホールの隅々まで沁み込んでいくような美しさだった。


ラストナンバーの「最後の晩餐」が響き渡り、フロアが余韻に包まれる頃、開演からあっという間に約2時間が経過していた。ステージの去り際にガラが「ライヴでしか伝えられないと思うんで、一歩一歩、後悔なくやりたいと思います」と観客に向かって深々と頭を下げていた姿が印象的だった。


2020年5月をもって健一が脱退する旨を発表したメリーは、3月から5月にかけて<メリー「5 Sheep Last Tour」>と銘打った5人体制でのラストツアーを開催する。3月21日赤羽ReNY alpha公演を皮切りに全国を巡り、5月16日なかのZEROホールにてファイナルを迎えるこのツアー、ひとつでも多くの瞬間を目に焼き付けたいものである。

文◎志村つくね
写真◎中村卓

<メリー「5 Sheep Last Tour」>

2020年3月21日(土)赤羽ReNY alpha
2020年3月22日(日)仙台CLUB JUNK BOX
2020年3月28日(土)松山WStuidoRED
2020年3月29日(日)福岡BEAT STATION
2020年4月5日(日)HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1
2020年4月10日(金)大阪味園ユニバース
2020年4月11日(土)京都磔磔
2020年4月17日(金)札幌cube garden
2020年4月18日(土)旭川CASINO DRIVE
2020年4月24日(金)名古屋BOTTOM LINE
2020年4月25日(土)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2020年5月2日(土)千葉LOOK
2020年5月4日(月・祝)金沢vanvanV4
2020年5月6日(水・振)高崎clubFLEEZ
2020年5月10日(日)新横浜NEW SIDE BEACH!! (CORE限定)

メリー「5 Sheep Last Tour【FINAL】そして、遠い夢のまた夢」
2020年5月16日(土)なかのZEROホール

席種・チケット代金
3/21〜5/10
■スタンディング ¥5,100(税込・D代別)

5/16
■COREプレミアムシート(指定席) ¥15,500(税込)
 ※お土産付/前方座席/当日グッズ販売優先権
■指定席 ¥6,200(税込)

[総合問合せ]
NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:00~18:00)

◆メリー オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報