【ライヴレポート】MUCC、<収監シリーズ>全県制覇「今、アルバムレコーディング中」

ツイート

14thアルバム『壊れたピアノとリビングデッド』(2019年2月発表)を引っ提げて、全国各地をブロック分けして<収監シリーズ>と題し、各地区を集中的に回る怒涛のライヴシリーズを展開していたMUCC。アジアツアー(上海 / 台北)、ミヤ急病による振替公演と追加公演も含めれば、シリーズの総本数は全県制覇、67本にもおよぶ。アルバムリリースから1年を経て、ツアー<関東型壊れたピアノとリビングデッド収監11days>のファイナル公演が2月8日および9日の2日間、恵比寿リキッドルーム公演で開催された。同ツアー最終日のオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆MUCC 画像

吉田トオル(Key)を迎え、音楽的にも彩り鮮やかなとなったライヴが<壊れたピアノとリビングデッド収監シリーズ>でもある。最新作『壊れたピアノとリビングデッド』収録曲に加え、過去の楽曲たちを各地区で分類して散りばめるなど、鍵盤入り新アレンジも同ツアーの聴きどころのひとつ。吉田トオルは2019年2月のZEPPシリーズから数えると63本目のライヴ参加となり、この一年間で、鍵盤入りアレンジが施された楽曲は『壊れたピアノとリビングデッド』収録曲を含めて、実に164曲にものぼる。自ら苦難の道を選択する姿勢が、彼らの音楽的能力を成長させてきたと言い換えることもできるだろう。


オープニングを飾ったのは、ミヤ(G)の鋭いギターフレーズが導く「サイコ」。暴力的なパワーを兼ね備えた同曲をはじめ、<関東型収監>でセレクトされた過去アルバム『是空 (2003年発表)』『朽木の灯 (2004年発表)』収録曲もこの2日間で殺傷力を増して次々と披露されていく。なお、登場SEの「壊れたピアノ」はアルバム『是空』一曲目に収録された「心奏」がミックスされた粋なアレンジで生演奏されていたなど、<関東型収監>ならではのものだった。

最終日となる9日公演でフィーチャーされたのは、2003年のメジャーデビュー第一弾アルバム『是空』だ。序盤では「アメリア」などアルバムリリース後に発表された最新形新曲たちも披露されたほか、その合間に「茫然自失」「商業思想狂時代考偲曲 (平成版)」という激しさを強調した過去楽曲たちも違和感なくセットリストに織り込まれていく。現在形アレンジにによる新旧楽曲がフルスロットルで繰り広げられる様は、まだライヴ前半ながら圧巻の光景となった。

中盤は「悲観主義者が笑う」「死して塊」の重苦しいムードから一転、「1979」でアップライトベースに持ち替えたYUKKE(B)の跳ねるようにジャジーなリズムからスタート。ホーンセクションを含む新アレンジほか、各メンバーのソロパートも盛り込まれた展開に大歓声が上がった。続く「積想」「COBALT」は、まさしく最新型MUCCともいえるサウンドだ。鍵盤の旋律を大胆に織り交ぜ、メロディアスに仕上げられたこれら楽曲には楽曲構築力の高さが改めて浮き彫りとなる。

本編後半は『是空』時期を象徴するようなエモーショナルな楽曲「この線と空」からスタート。「My WORLD」「カウントダウン」ではクラウドサーファーがひっきりなしにステージへ押し寄せるアッパーな展開であったが、この夜の白眉の出来は、SATOちのドラムイントロで悲鳴にも似た歓声が上がった「スイミン」だ。鍵盤入りアレンジ初披露となった同曲は、原曲が持つ激しいパワーにオルガンの音色が鋭く混ぜ込まれ、より攻撃力を増して届けられた。

本編最後はアルバムのラストナンバー「Living Dead」。同曲後半部の逹瑯(Vo)の絶唱にオーディエンスはただただ飲み込まれた。そして、曲のエンディングで逹瑯がステージを降りた後、残った4人による長尺のアウトロが展開されるという特別なアレンジも初披露。<収監シリーズ>の終わりを飾るにふさわしいラストシーンとなった。

ミヤの急病で振り替えとなった岡山公演や、<収監シリーズ>始まりの地でもある北海道での追加公演も残しているものの、アンコール時のMCでミヤが「「Living Dead」のアウトロで、なんかやり切った感じがある」と発言したように、事実上、<壊れたピアノとリビングデッド収監シリーズ>は大団円を迎えたと言えるだろう。

「今、まさにアルバムレコーディング中なんで」とはライヴ中に逹瑯が語った言葉だ。春にはニューアルバムリリースが予定されているほか、6月21日(日)には新たに横浜に建築される1万人収容のぴあアリーナMMでワンマン公演<蘇生>の開催も決定している。アリーナワンマンは、2017年5月の日本武道館ぶり。ニューアルバムと共に、新たな息吹と生命力が奏でられるであろう彼らに期待が高まるところだ。

■<MUCC 2020 Lock on snipe Tour #10「関東型壊れたピアノとリビングデッド収監11days」>2月9日(日)@恵比寿LIQUIDROOM セットリスト

01. サイコ
02. アメリア
03. 茫然自失
04. 商業思想狂時代考偲曲(平成版)
05. アイリス
06. ヴァンパイア
07. 我、在ルベキ場所
08. 悲観主義者が笑う
09. 死して塊
10. 1979
11. 積想
12. COBALT
13. この線と空
14. My WORLD
15. スイミン
16. カウントダウン
17. Living Dead
encore
en1. 青き春
en2. 蘭鋳
en3. 9月3日の刻印

■リリース情報

▼Digital Demo Tape『COBALT DEMO』配信
MSHN-067 ¥200+tax
配信開始:2月10日(月)

▼NewAlbumリリース
2020年春、発売決定
※詳細後日発表

■<壊れたピアノとリビングデッド収監シリーズ>

▼<中国型壊れたピアノとリビングデッド収監5days>振替公演
2月15日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

▼<壊れたピアノとリビングデッド収監 Tour in 松山 〜岡山禊の追加公演〜>
2月16日(日) 松山 W studio RED
open16:30 / start17:00
(問)DUKE高松 087-822-2520

▼<壊れたピアノとリビングデッド収監 Japan Tour GRAND FINAL 〜収監始まりの地で大団円〜>
2月23日(日) 小樽GOLD STONE
2月24日(月/祝) 小樽GOLD STONE
open16:30 / start17:00
(問)WESS 011-614-9999

▼チケット
前売券 ¥6,000(税込・ドリンク代別)


■MUCC × Nothing's Carved In Stoneツーマンライヴ<LOVE CALL>

3月12日(木) 恵比寿LIQUIDROOM
open18:00 / start19:00
出演:MUCC / Nothing's Carved In Stone
▼チケット
前売¥4,500 (税込) / 当日¥5,000 (税込)
※オールスタンディング ※入場時ドリンク代別途必要
一般発売日:2月16日(日)
・チケットぴあ https://bit.ly/39kqoMZ
・e+ https://bit.ly/38fvQAT
・ローソンチケット https://bit.ly/2SD75YS
(問)DISK GARAGE 03-5447-8277


■ヨーロッパツアー<MUCC 2020 Lock on snipe Tour #11 〜Style of EUROPE Broken Piano And Imprisonment of livingdead 8days〜>

4月05日(日) モスクワ Pravda Club
4月06日(月) ワルシャワ Club Proxima
4月08日(水) ベルリン Lido
4月09日(木) ベルリン Columbia Theater
4月11日(土) ボーフム ZECHE
4月12日(日) ケルン LUXOR
4月15日(水) パリ Maroquinerie
4月16日(木) ロンドン Acad. Islington

▼<Salon del manga y cultura japonesa de Alicante>
・ライヴ:4月18日(土)
・プレスカンファレンス:4月19日(日)
会場:スペイン・アリカンテ IFA (Institucion Ferial Alicantina)
オフィシャルサイト https://www.smalicante.com/

■アリーナワンマン<蘇生>

6月21日(日) ぴあアリーナMM (神奈川県横浜市)
open17:00 / start18:00
▼チケット
・VIP席 ¥15,000(税込)
・指定席 ¥7,700(税込)
※VIP席は朱ゥノ吐VIP会員のみの受付となります
※未就学児入場不可
※営利目的の転売禁止
一般発売:2020年5月24日(日)
【虚無僧DU MODE会員先行チケット受付】
2月12日(水)12:00〜2月18日(火)16:00

この記事をツイート

この記事の関連情報