【音楽と住まい】江古田編、『のだめカンタービレ』のモデルとなった音大など、アート系学生街に活気とセンス

ツイート

楽器可賃貸ネットとBARKSが、音楽ファンのためにセレクトした極めつけの物件と、街の魅力をあわせてご紹介する特集が【音楽と住まい】だ。これまで、“下北沢”、“中野・高円寺”、“秋葉原・錦糸町”、“早稲田・高田馬場”といった音楽と縁の深い街に着目してきた同特集だが、その第五回目は、学生街の活気と昭和レトロが共存するなど特有の文化が根付いている“江古田”

◆【音楽と住まい】画像

西武池袋線で池袋からわずか3駅、約6分程度という繁華街への利便性と、昭和情緒たっぷりの駅前商店街の数々、閑静な住宅街、加えて日本大学藝術学部、武蔵野音楽大学、武蔵大学がキャンパスを構える学生街、といった様々な側面を持つだけに、街並みも個性的。各ショップや飲食店はバラエティに富んで飽きさせない。学生が多いという意味ではセンスとエネルギーに溢れ、歴史を感じさせる商店の連なりは懐かしく心安らぐ。





“特集ページ【江古田 編】”では、音大生や日藝生徒が似合うハイセンスなカフェやレストラン、安くて美味しい食堂など充実の江古田グルメをたっぷりと紹介している。BARKSユーザーが気になる音楽スポットは、オリジナリティの高いライブハウスや練習スタジオ、レコードショップなどが多数。とりわけ、『のだめカンタービレ』のモデルとなった武蔵野音楽大学が位置するだけに、クラシック系楽器店やレンタルスタジオの満足度の高さは江古田ならではのものだ。

さらには、アニメ『四月は君の嘘』の聖地巡礼スポット、住宅街に突如として現れる“リアル蒸気機関車”もご紹介しているので、江古田周辺物件情報と合わせてぜひともご覧いただきたい。


この記事をツイート

この記事の関連情報