drug store cowboy、デビュー20周年の節目にオリジナルメンバーで再集結

ツイート

2004年3月に活動停止したdrug store cowboyが、メジャーデビュー20周年の節目となる2020年5月31日にボーカルの有原雅人を含めたオリジナルメンバーで再集結する。

◆THE HATE HONEY 画像

2000年5月31日にメジャーデビューしたdrug store cowboyは、RIZEや麻波25、山嵐、宇頭巻などミクスチャー・シーンの中で活動。現在、ベースのT$UYO$HIはPay money To my Pain / The BONEZ、ドラムの聖地はLAID BACK OCEAN、ギターの村瀬はTEARS OF THE REBELとそれぞれバンド活動を行なっている。

活動停止から約16年の時を経て、再集結の場に選ばれたのは東京・新宿LOFT。スペシャルゲストアクトとして、彼らが敬愛するTHE HATE HONEYの出演も決定した。同バンドも約14年振りの復活を果たすことになる。

drug store cowboy オフィシャルサイト先行チケット受付は、明日2月15日12時よりスタート。

▲THE HATE HONEY アーティスト写真

<drug store cowboy 20th anniversary gig "The world is not ending” supported by 新宿LOFT>

2020年5月31日(日)東京・新宿LOFT
OPEN 17:00/START 18:00
スペシャル・ゲストアクト:THE HATE HONEY

前売り¥4,000(税抜) ドリンク代別途
オフィシャルHP先行:2020年2月15日(土)12:00〜

この記事をツイート

この記事の関連情報