【レポート】<モンスターロックLIVE>in大阪、花団「ハナダンとヒゲダン、似てるけど!」

ツイート

開局30周年イヤーを迎えたスペースシャワーTVが誇るロック専門番組『モンスターロック』と、日本のロックシーンを応援する『Monster Energy』がタッグを組み、最強の東名阪ツアー<モンスターロックLIVE 2020>を開催。その2日目となる2月15日=大阪・なんばHatchには、ヤバイTシャツ屋さん、花団、ROTTENGRAFFTYという関西色濃い3バンドが集結した。2番手、花団のステージは終始抱腹絶倒だった。

◆花団 画像

「やり散らかすライブ、ベースがハゲ散らかしてる、ギターも自由すぎる」──『モンスターロック』のVJでもあるマキシマム ザ ホルモンのダイスケはんとナヲから、VTRを通してそう紹介されたのは花団。ディスってるようなコメントだが、花団にとっては全て誉め言葉だろう。なにしろ、笑いの権化ともいうべきバンドだからだ。

その花団、なんと女性キーボードを入れての珍しい編成。しかも潤八(B)がベースを弾きながら、しっとり歌い出す。それはどう聴いてもOfficial髭男dismのナンバー……。するとカズ(Vo)がステージ袖から困ったような顔で登場した。演奏を止めさせるように「ちゃう、違うねん」と言うが、気持ち良さそうに歌い続ける潤八。我慢ならんとばかり、潤八のカツラをガバッと奪って「オマエ、ハゲとるやないか!」と突っ込む。さらに女性キーボードには「照明係で呼んでるのに、なんで弾いてんの!?」と。さらに続く爆笑やり取りの数々。いきなりコミックバンドの神髄を炸裂させながら花団のステージは始まった。



「<モンスターロックLIVE>へようこそ! まさかの出れました、万歳! バンザーイ!!」

カズの歓喜の一声と共に入った「先輩はところてん」。初めて花団を観る人が多いフロアに向けて曲の振り付けを伝授しながら、「やらないと絡まれます。やる恥ずかしさを取るか、やらずに絡まれるか」と、花団はオーディエンスもイジりながら、会場を笑いと熱狂で一心同体化させていった。





しかしライブ中盤、カズはポケットに手を入れながらカッコつけて言う。「俺ら、伝えたいことってのは、全部曲の中に入れちゃってるから、こういうMCってさ、苦手なわけ。俺たち不器用だから、『モンスターロック』に伝えたいこと、みんなにも伝えたいこと歌にしてきました」──カズ

こうしてバラード「サンキュー サンキュー サンキュー」が始まるが、サビへと差し掛かる直前、たっちん(Dr)が「こんな曲ないから。作ってないし」と突っ込む。自分だって目を閉じて、さっきまで気持ち良さそうにビートを刻んでいたくせに。花団はちょっとでも隙があれば、アドリブで曲もコントも始めてしまい、そこにいる全員をおかしなテンションで昇天させていく。





タオル回しも起こした「俺のブーメラン」でエンディングを迎えた……はずが、ステージから去ったのはカズひとりだけ。ガンプマンが「俺はまだ疲れてねえ。ライブにも人生にも疲れてねえ。ルールにも疲れてねえ!」と言い放つ。そして歌い出すのはおなじみ、尾崎豊のナンバー「15の夜」だ。

投げキッスして華麗にステージから去ったカズも、困り顔で再登場。ガンプマンを止めようとするが、尾崎が降臨した今、完全になり切っている。ついにはギターを無理やりカズに押し付け、センターで力強く十代の葛藤と怒りを歌い続ける。その陶酔ぶりに会場に広がるのは感動のみ。客席は熱狂の大合唱。尾崎豊伝説、再来である。全身全霊で歌い切り、ステージに倒れたガンプマンに大きな拍手も起こった。不満そうなカズと、大満足のガンプマン、潤八、たっちん。花団、恐ろしやである。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎浜野カズシ

■<モンスターロックLIVE 2020>2月15日@大阪・なんばHatch セットリスト

【ヤバイTシャツ屋さん】
01. あつまれ!パーティーピーポー
02. D.A.N.C.E. (ショート)
03. 喜志駅周辺なんもない
04. sweet memories
05. ハッピーウェディング前ソング
06. 癒着☆NIGHT
07. ヤバみ
08. かわE
09. Tank-top of the world
10. 無線LANばり便利
【花団】
01. 君は綺麗だ
02. 先輩はところてん
03. しゃぼんだま
04. 兄貴の青いセーター
05. 俺のブーメラン
06. 15の夜
【ROTTENGRAFFTY】
01. ハレルヤ
02. 相殺微量サイレンス
03. 零戦SOUNDSYSTEM
04. 今夜はブギーバッグ
05. 世界の終わり
06. THIS WORLD
07. 金色グラフティー
08. D.A.N.C.E. w/ 花団+ヤバイTシャツ屋さん

■SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY × モンスターエナジー<モンスターロック LIVE 2020>

2月14日(金) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
出演:KUZIRA / SHANK / 10-FEET
2月15日(土) 大阪・なんばHatch
出演:花団 / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
2月18日(火) 東京・新木場STUDIO COAST
出演:UVERworld / coldrain / HAWAIIAN6


◆<モンスターロックLIVE 2020>レポート まとめページへ
この記事をツイート

この記事の関連情報