【レポート】<モンスターロックLIVE>in大阪、ROTTENGRAFFTY「俺らもモンスター、オマエらもモンスターやわ!」

ツイート

開局30周年イヤーを迎えたスペースシャワーTVが誇るロック専門番組『モンスターロック』と、日本のロックシーンを応援する『Monster Energy』がタッグを組み、最強の東名阪ツアー<モンスターロックLIVE 2020>を開催。その2日目となる2月15日=大阪・なんばHatchには、ヤバイTシャツ屋さん、花団、ROTTENGRAFFTYという関西色濃い3バンドが集結した。トリはROTTENGRAFFTYだ。

◆ROTTENGRAFFTY 画像

勇壮なオープニングSEが響くと同時に大歓声が起こり、メンバーを出迎えるハンドクラップも鳴り止むことがない。それを気持ち良さそうに全身で浴びながら登場するHIROSHI(Dr)と侑威地(B)。NOBUYAが杖で客席をアジテートし、「オリャー!」と気合いの入った叫び声を上げたのはKAZUOMI(G)。



「<モンスターロックLIVE>大阪、泣いても笑っても俺らがオオトリ。全員で掛かって来いや!」──N∀OKI

全身を震わせながらN∀OKIが煽り、直後、突入したのはROTTENGRAFFTYが2019年12月に発表したシングル曲「ハレルヤ」だった。いわば最新の核弾頭ともいうべき一発。それを豪快にぶっぱなしながら、NOBUYAとN∀OKIは叫ぶような攻めのスタイルで掛け合い、ステージを激しく動き回る。強靭にして狂人なサウンドとボーカル、ライブパフォーマンス。それに直撃されたオーディエンスは、日常生活で働いているであろう様々な制御心が完全に破壊され、暴れ狂い、そして人の頭上を飛び交う。それでもなお攻め続けるROTTENGRAFFTY。




サイレンが鳴ったら、それは戦闘開始の合図だ。「もっと遊ぼうぜ!」とKAZUOMI。そう、戦闘といっても熱く楽しい闘いである。一気にステージに向けてクラウドサーフの嵐で攻撃するオーディエンス。不敵な笑みを浮かべるメンバーだが、赤い照明を浴びた5人の形相は危険なオーラを放っているようにも見える。侑威地はマシンガンのようにベースを構え、豪快なフレーズを連射。KAZUOMIはギターを放り投げ、マイクを握って叫び、ついには客席フロアへ突入した。全員の本気のぶつかり合いは壮観であり、観ているだけで覚醒もされる。

しかしROTTENGRAFFTYはここで「今夜はブギーバッグ」を投入。ポップスのメロディセンスもたっぷり入れ、バックビートのグルーヴがダンサブルなナンバーだ。そこにNOBUYAとN∀OKIは即興でこの日のことも歌詞に入れて歌う。音楽的な振り幅や引き出しにも驚かされるが、型どおりでは終わらせない本物のライブバンド=ROTTENGRAFFTYの一面も感じさせる。




そして「世界の終わり」から再びライブは激化。バンドサウンドはエグイほどラウドだが、気持ちをワシづかみにするメロディも縦横無尽だ。

「なあ、大阪。俺らもモンスター、オマエらもモンスターやわ!」──N∀OKI

最大級の賛辞をオーディエンスに贈るROTTENGRAFFTY。ライブが「金色グラフティー」に突入したとき、フロアには肩車も乱立。曲が激しく展開した瞬間、肩車を発射台代わりにダイバーが飛び交い、幾つものサークルも生まれ、まさにモンスター級の狂暴なライブ空間と化していく。そこからラストナンバー「D.A.N.C.E.」へ突入したときだ。



花団がライブ中に見せた摩訶不思議なステップをしながら、花団はもちろん、ヤバTの3人もROTTENGRAFFTYのステージに乱入。曲のキメで3バンドが一斉にジャンプで決めたと思えば、花団のたっちんはステージダイブまで。さらにステージ上でサークルモッシュもする花団、ヤバT。仲間の乱入を大喜びで歓迎しながら、その高揚感もバンドサウンドに入れながら、テンションを高め続けるROTTENGRAFFTY。気づいたら花団のカズはオーディエンスに担ぎ上げられ、クラウドサーフまでされているじゃないか。それを見たN∀OKIは「喫煙所に捨ててってくれ!」と大笑い。考えてみれば、3バンドとも京都のバンドだ。ヒリヒリの対バン感というより、結びつきと絆の強さが感じられる大阪編となった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎浜野カズシ

■<モンスターロックLIVE 2020>2月15日@大阪・なんばHatch セットリスト

【ヤバイTシャツ屋さん】
01. あつまれ!パーティーピーポー
02. D.A.N.C.E. (ショート)
03. 喜志駅周辺なんもない
04. sweet memories
05. ハッピーウェディング前ソング
06. 癒着☆NIGHT
07. ヤバみ
08. かわE
09. Tank-top of the world
10. 無線LANばり便利
【花団】
01. 君は綺麗だ
02. 先輩はところてん
03. しゃぼんだま
04. 兄貴の青いセーター
05. 俺のブーメラン
06. 15の夜
【ROTTENGRAFFTY】
01. ハレルヤ
02. 相殺微量サイレンス
03. 零戦SOUNDSYSTEM
04. 今夜はブギーバッグ
05. 世界の終わり
06. THIS WORLD
07. 金色グラフティー
08. D.A.N.C.E. w/ 花団+ヤバイTシャツ屋さん

■SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY × モンスターエナジー<モンスターロック LIVE 2020>

2月14日(金) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
出演:KUZIRA / SHANK / 10-FEET
2月15日(土) 大阪・なんばHatch
出演:花団 / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
2月18日(火) 東京・新木場STUDIO COAST
出演:UVERworld / coldrain / HAWAIIAN6


◆<モンスターロックLIVE 2020>レポート まとめページへ
この記事をツイート

この記事の関連情報