【ライブレポート】1-SHINE、「僕たちが人生を変える姿を見ていてほしい」

ツイート

1-SHINEが2月15日、六本木morph-tokyoにてワンマンライブ<THE ONE>を開催した。

◆ライブ画像

入場とともに多くのファンが殺到し、収まりきらないほど会場内はすし詰め状態。そんな満員となるフロアでファンが開演を今かと待ちわびていると、SEと共にメンバーが登場し、2020年1-SHINEのアンセムとなる楽曲「2020」を1曲目に演奏。攻撃的なギターリフと重圧なサウンドで会場内の熱気も一気に上がる。続けてダンサブルなナンバー「Lost In Dance」、EDMサウンドでノリの良い「In My Life」を披露し、会場を盛り上げた。その後も「Something True」「Next To You」「PARADISE」と止まることなく次々と楽曲を演奏。


MCを挟むことなくノンストップのまま、ライブは後半戦に差し掛かる。クラブミュージックで観客を盛り上げる「Crush on You」から、ダークかつアッパーな一曲「I’m sorry」を披露し、フロアのテンションが上がり切ったタイミングで、Yuma(Vo)が「初披露となる新曲を持ってきました!そしてこの曲はフィーチャリングゲストを招いています!」と今国内外から熱い注目を浴びている4人組ガールズグループ・BananaLemonのメインボーカルNadiaを呼び込み新曲「Alive」を披露。重厚で攻撃的なサウンドとNadiaのハイトーンとフェイクを前に会場のボルテージは最高潮に達し、1番の盛り上がりを見せた。


公演も終盤になりライブでは定番曲である「TOKYO」、昨年12月にリリースをした「A Thousand Tears」を演奏。ここまで合計14曲、止まることなくMCをいれずライブは続いた。そして最後の曲を残し、ようやくMCでYumaが話し始める。「僕たちのバンドは、ライブにくればみんなの人生が明日から変わるよ、なんてそんな大それたことは言いません。僕たちがライブに来てくれるみんなを楽しませて、そして上に進んでいく過程で、僕たちが人生を変える姿をみんなには見ていてほしいです」と、音楽と向き合うバンドの姿勢と、ライブに来てくれたファンに感謝の気持ちを伝え、最後の曲「Only Human」を演奏しワンマンライブの幕を下ろした。

終演後、モニターに映像が流れ7月24日に渋谷club asiaでワンマンライブを開催することも発表された。

セットリスト

01.2020
02.Lost In Dance
03.In My Life
04.Something True
05.Next To You
06.PARADISE
07.One Last Girl
08.Thiking Out Loud(cover)
09.Dystopia(BIT solo)
10.Crush on You
11. I'm Sorry
12.Alive
13.TOKYO
14.A Thousand Tears
15.Only Human

<1-SHINE One Man Show「2020」>

日程:2020年7月24日(金・祝)
会場:club asia(渋谷)
開場18:00/開演19:00
チケット:¥3,000
※Live会場限定手売りチケット:1枚¥3,000/2枚セット¥4,000
※一般販売2月22日(土)10:00から

◆1-SHINE オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報