ローランドのデジタルピアノ「HP704」が「シカゴ・グッドデザイン賞2019」を受賞

ツイート

ピアノとしての性能とデザインにこだわったローランドの家庭用デジタルピアノ「HP704」が、世界で最も歴史のあるデザイン・アワードとして知られる「シカゴ・グッドデザイン賞2019」を受賞した。

近代建築とデザインの国際博物館であるシカゴ・アテナイオン博物館は、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、都市計画などの展示を行っている。こうした展示を通じて人々の生活を向上させる“グッドデザイン”を推進する活動を展開。1950年に設立された「シカゴ・グッドデザイン賞」は、数ある国際的なデザイン・アワードの中でも最も歴史があり、これまで多くの革新的な工業製品やグラフィックデザインを表彰してきた。今回、その栄誉ある賞を、ローランドのデジタルピアノ「HP704」が受賞した。


「HP704」は、2019年4月に発売された家庭用電子ピアノ。コンパクトですっきりと洗練されたキャビネット、トップから脚部まで続く優雅な曲線のデザインが、リビングルームをモダンに演出する。グランドピアノさながらの表現力を持つピアノ音源「スーパーナチュラル・ピアノ・モデリング音源」により、アコースティック・グランドピアノ本来の奥深いサウンドを再現できるのも大きな特徴。優れた演奏性と耐久性を兼ね備えた木材と樹脂のハイブリッド構造の「PHA-50鍵盤」は、指先のタッチを忠実に音に反映する。さらに専用のスマートフォン/タブレット用アプリを使って譜面を表示したり、練習することが可能。こだわりの音とタッチ、美しいデザイン、そしてデジタルならではの多彩な機能で“音楽のある生活”を身近に感じられるピアノとなっている。


▲4種を揃えたHP704。写真は黒塗鏡面艶出し塗装仕上げ(左)とライトオーク調仕上げ(右)。

▲HP704 ホワイト(左)、ダークローズウッド調仕上げ(右)。

▲毎日の練習を楽しくサポートするスマホ/タブレット用アプリ「Piano Every Day」は、練習の履歴を記録したり、弾きたい曲の譜面を内蔵曲やオンライン楽譜ストアから探し出して表示することが可能。
この記事をツイート

この記事の関連情報