cero髙城晶平ソロプロジェクト、初音源作品を4月発売

ツイート


ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクト“Shohei Takagi Parallela Botanica”(読み:ショウヘイタカギ パラレラボタニカ)が、4月8日にファーストアルバム『Triptych』(読み:トリプティック)をリリースすることが発表された。

◆アルバム『Triptych』ティザー映像

Shohei Takagi Parallela Botanicaは、2019年1月に渋谷クラブクアトロで開催された<カクバリズム presents Quiet Spark #3>で初ライブを行い、これまでに<FUJIROCK FESTIVAL'19>、<CIRCLE '19>にも出演。音源作品は未リリースながらもマイペースなライブ活動を行ってきた。

カクバリズムとソニーミュージックとで共同リリースされる今作『Triptych』は、Shohei Takagi Parallela Botanicaにとって初めての音源作品である。タイトルは“三連祭壇画”を意味し、3曲3部構成の全9曲が収録されるコンセプチュアルなフルアルバムだ。なお、共同プロデューサーとしてSauce81を迎えて制作された。

初回生産限定盤には、今プロジェクトの初ライブとなった渋谷クアトロ公演、フジロックでのライブ映像、今映像作品のために撮り下ろされた弾き語りによるパフォーマンス、髙城自身がShohei Takagi Parallela Botanicaや、「Triptych」について語ったインタビュー映像などで構成される大関泰幸による映像作品を収録したDVDを付属する。収録内容およびジャケットなどの詳細は、後日アナウンスされる。カクバリズムオフィシャルYouTube Channelでは、大関泰幸が手掛けたアルバム『Triptych』のティザー映像が公開された。


購入者特典として、Amazon.co.jpではデカジャケット、TOWER RECORDSではオリジナル・ステッカーシート、その他対象店舗ではオリジナルポスターが先着でプレゼントされる。なお、このたびのリリース告知と合わせて公開された新アーティスト写真は、撮影を廣田達也、デザインを上山悠二が担当している。

また、このリリースを記念した東阪のライブ<“Triptych” Release Party>の開催も決定。4月17日に大阪梅田シャングリラ、25日に東京渋谷WWWXにて開催される。

■Shohei Takagi Parallela Botanica 1st Album『Triptych』

2020年4月8日発売
初回盤[CD+DVD] 3,500円(税別) AICL-3880~1
通常盤[CD] 2,500円(税別) AICL-3882

■店頭特典
Amazon.co.jp:デカジャケット
TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く):オリジナル・ステッカーシート
その他対象店舗:オリジナルポスター

■Shohei Takagi Parallela Botanica<“Triptych” Release Party>

4月17日(金) 大阪 梅田Shangri-La
OPEN 18:30 START 19:00
TICKET ¥4,200 D代別
Guest Act 角銅真実
問) SMASH WEST:06-6535-5569

4月25日(土) 東京 渋谷WWWX
OPEN 17:15 START 18:00
TICKET ¥4,200 D代別
Guest Act 角銅真実
問) SMASH:03-3444-6751

企画:カクバリズム
協力:Sony Music Labels Inc.
制作:SMASH
総合問い合わせ:SMASH 03-3444-6751(https://smash-jpn.com/)

オフィシャルHPチケット先行
受付URL:https://kakubarhythm.com/
受付日程:2/18(火)12:00〜2/27(木)23:59
枚数制限:先行4枚まで

チケット一般発売日 3/7(土) 10:00~

この記事をツイート

この記事の関連情報