Alesis、フルサイズ20インチ・キックパッド&新世代メッシュヘッド採用の電子ドラムキット

ツイート

アコースティックドラムを思わせるルックスのフルサイズ20インチ・キックパッドのほか、最高の打感を追求した新世代メッシュヘッド、オールラウンド/高性能モジュールで構成された電子ドラムキットで構成された電子ドラムキット「Strike Pro Special Edition」がAlesisから登場。2月27日に発売される。

革新的なドラムパッドとシンバルのデザインが特徴的だったオリジナルの「Strike Pro」をベースに、20インチのキックを採用することで、レスポンスが良く、安定した演奏性をさらに高めた新モデルが「Strike Pro Special Edition」。演奏性だけでなく、視覚的にも慣れ親しんだアコースティックドラムと同様となり、電子ドラムに“慣れる”必要がなくなったのもポイントだ。


▲アコースティックドラムに近いルックスのフルサイズ20インチ・キックパッドを採用。

フルサイズキックによる演奏感の向上に加え、レスポンスの向上した最新のメッシュヘッドデザインと、スネアおよびすべてのタムに採用されたデュアルゾーン技術により、さらに自然なプレイが可能に。パワフルなグルーヴから歯切れのよりフィルインまで思いのままの演奏が楽しめる。

演奏性の高い厚手のラバーを採用したシンバル類も注目だ。3ゾーン・16インチ・ライド、14インチ・クラッシュ、14インチ・可動ハイハットのフィーリングとパフォーマンスは非常にリアル。高級感のあるハンマリングマーク付きのルックスで、フィーリング、コントロール、リバウンド、高い音量バランスに加え、サイズアップされたベル部分により演奏性も向上。また従来の電子シンバルと比較して静粛性にも優れ、深夜練習にも適している。新しいハイハットはレスポンスが速く堅牢な構造になっており、テクニカルかつ繊細なタッチを表現できる。


ラグはアコースティックドラム同様シェルに直接取り付け。これによりダイレクトにポジションの調整が可能となっているのが本器ならではアドバンテージ。スネアとタムにはアコースティックドラムでは標準となる8/10 /12/14インチのハイブリッド・ウッドシェルを採用した。また、「Strike Pro Special Edition」では、印象的なブラックのハードウェアとゴールドのテンションロッド、よりアコースティックドラムに近いヘッドのデザインを採用。そのサウンドにマッチしたルックスとなっているのも見逃せない。


▲ハイブリッド・ウッドシェル採用のタム。上段左から8インチ、10インチ、12インチ、14インチ。

音源モジュールは、Alesis史上最もオールラウンドで高性能なStrike Performance Moduleを搭載。1,800以上のインストゥルメントと45,000のサンプルから構成された136のキットを内蔵する。サンプリング機能、16GBエクスターナルSDカードスロット(16GBカード付属)、USB MIDIを搭載しており、音色拡張からDAW連携など幅広く活用できる。エディターを使用すると、ユーザーのオリジナルサンプルを複数のベロシティレイヤーやラウンドロビン・インストゥルメントに割り当ててオリジナルのドラムキットを構築し、USBでモジュールに転送可能。これらの機能は、モジュール内蔵の4.3インチのカラーLEDスクリーンにより、カンタンかつ高い柔軟なサウンドメイク&キット構築を実現している。

製品情報

◆Strike Pro Special Edition
価格:オープン(市場想定価格 298,000円 税込)
発売日:2020年2月27日
この記事をツイート

この記事の関連情報