野口五郎、50周年記念コンサートでコブクロ小渕健太郎作詞作曲の新曲披露

ツイート

野口五郎が2月22日、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて<​Goro Noguchi 50TH ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2020  I can sing here ~今ここで歌える奇跡~>初日公演を行った。

◆コンサート画像

幾度となくこのホールでのコンサートを行ってきた野口五郎だが、今回はメモリアルなツアーふさわしく、歴代のヒット曲のオンパレード。「私鉄沿線」「甘い生活」「オレンジの雨」などが盛り込まれ、会場はヒートアップ。


終盤、50年寄り添ったファンにサプライズとして、新曲「光の道」も披露された。この曲はコブクロの小渕健太郎が作詞作曲を務めた。実は1年数か月前に知人を通じて小渕健太郎と出会い、その時から野口は小渕にデビュー50周年シングルを書いてほしいと思っていたそうだ。2019年のオーチャードホールコンサートに小渕が訪れた時から連絡を取るようになり、正式に曲のオファーが行われたという。


15歳で上京し紆余曲折を繰り返ししたという話の中で、上京当時の1枚の写真の話に小渕が共感。その写真の中には15歳の上京する五郎少年の姿、見送るおばあちゃん、母親の姿があり、小渕はそこに写ってないこの写真のシャッターを押す父親を視点にして、新曲を作った。


コンサートでは、できた詞に対して「あの時からおやじはずーっと見守り続けてくれ、いつも一緒だったんだ」と野口が感謝を述べた。この涙を誘う1曲で、感動のコンサートが締めくくられた。この新曲「光の道」は、5月6日に配信シングルとしてiTunes 、レコチョク等で配信開始、またコンサート会場とAmazon等のECサイトにて販売開始する。

野口五郎デビュー50周年メモリアルアルバム『Goro Noguchi Debut 50th Anniversary ~since1971~』

形態:5形態(完全数量限定豪華盤セット・CD+Blu-ray・CD+DVD・CD+テイクアウトライブ・CD)
発売日:2020年5月6日(水)GOROの日

【完全数量限定豪華盤セット】¥29,560(税込)
CD、アナログLP、ドーナツ盤EP、カセットテープ、Blu-ray、DVD、
テイクアウトライブ、特製立て掛けLPレコードフレーム、写真集、豪華収納BOX
[内容予定]
CD:13曲
アナログLP:(CDと同曲数)
ドーナツ盤EP:(博多みれん・これが愛と言えるように)
カセットテープ:(CDと同曲数)
Blu-ray:2020年渋谷オーチャードライブ、2019年渋谷オーチャードライブ
DVD:メイキング映像(各曲のボーカル映像、ライブメイキング等)
テイクアウトライブ:MV未定(メイキング映像、コメント映像)
LPサイズフォトカード:16P
特製立て掛けLPレコードフレーム

【CD+Blu-ray  (LIVE盤)】¥5,600(税込)
[内容]
CD:13曲(ジャケットA)
Blu-ray:2020年2月22日渋谷オーチャードライブ映像

【CD+DVD (LIVE盤)】¥5,060(税込)
[内容]
CD:13曲(ジャケットB)
DVD:2020年2月22日渋谷オーチャードライブ映像

【CD+テイクアウトライブ(MV盤)】¥4,560(税込)
[内容]
CD:13曲(ジャケットC)
テイクアウトライブ:MV新曲未定(コメント映像)

【CD】¥3,560(税込)
[内容]
CD:13曲(ジャケットD)

<Goro Noguchi 50TH ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2020  I can sing here ~今ここで歌える奇跡~>

2月22日(土)渋谷オーチャードホール
3月1日(日)神戸国際会館こくさいホール
4月23日(木)愛知県芸術劇場
5月23日(土)東大阪市文化創造館
6月14日(日)君津市文化ホール
7月4日 (土) 東京エレクトロンホール宮城
7月16日(木)旭川市民文化会館
7月17日(金)札幌文化芸術劇場

◆野口五郎 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報